○南砺市職員身分証明書要綱

平成16年11月1日

訓令第24号

(趣旨)

第1条 この要綱は、職員の身分を明確にするため、身分証明書の貸与及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 身分証明書 南砺市職員であることを証するカードをいう。

(2) 病院 南砺市民病院、公立南砺中央病院、南砺家庭・地域医療センター、南砺市平診療所、南砺市上平診療所及び南砺市利賀診療所をいう。

(貸与)

第3条 市長は、職員に身分証明書(様式第1号)を貸与する。

(携帯)

第4条 職員は、常に身分証明書を携帯しなければならない。

(管理)

第5条 職員は、身分証明書を善良かつ適正に管理し、他人に貸与し、又は譲渡してはならない。

(返納)

第6条 職員は、人事異動、退職その他の事由により職員でなくなったときは、直ちに身分証明書を市長に返納しなければならない。

(再貸与)

第7条 職員は、身分証明書を紛失し、又は損傷した場合は、直ちに身分証明書再交付願(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の届出があった場合は、身分証明書を再貸与する。ただし、身分証明書の再貸与を受けた職員は、当該身分証明書の作成に要する実費相当額を負担するものとする。

3 身分証明書の紛失により再貸与を受けた職員が、紛失した身分証明書を発見したときは、直ちに当該身分証明書を市長に返納しなければならない。

(管理者)

第8条 身分証明書を厳正に管理するため管理者を置く。

2 管理者は、総務部総務課長をもって充てる。

(管理者の責務)

第9条 管理者は、身分証明書貸与台帳を備え、貸与者、認証コード、再貸与及び返納の状況を把握し、身分証明書の適正な管理をしなければならない。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成18年5月1日訓令第15号)

この訓令は、公表の日から施行する。

附 則(平成21年10月21日訓令第8号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成21年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この訓令の施行の際現に存する改正前の訓令に定める様式により貸与された身分証明書は、この訓令による改正後の様式により貸与されたものとみなし、当分の間、これを使用することができる。

附 則(平成23年3月28日訓令第6号)

(施行期日)

1 この訓令は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 市長は、この訓令の施行の際現に病院及び南砺市訪問看護ステーションの職員である者に対して、当分の間、この訓令による改正前の様式による身分証明書及びこの訓令による改正後の様式による身分証明書を貸与するものとする。

附 則(平成28年3月18日訓令第4号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日訓令第1号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

画像画像

画像

南砺市職員身分証明書要綱

平成16年11月1日 訓令第24号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編 事/第3章
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第24号
平成18年3月31日 訓令第2号
平成18年5月1日 訓令第15号
平成21年10月21日 訓令第8号
平成23年3月28日 訓令第6号
平成28年3月18日 訓令第4号
令和2年3月31日 訓令第1号