○南砺市職員被服等貸与規程

平成16年11月1日

訓令第26号

(趣旨)

第1条 この訓令は、別に定めるものを除き、南砺市職員(以下「職員」という。)の被服等の貸与に関し必要な事項を定めるものとする。

(貸与品目数量及び使用期限)

第2条 職員に貸与する被服等(以下「貸与品」という。)の品目数量及び使用期限は、市長が別に定めるものとする。

2 前項の貸与品は、予算の範囲内で現品を支給するものとする。

3 貸与品の使用期限の計算は、その貸与の月から計算し、月計算をもって行う。

(貸与品の管理)

第3条 被貸与者は、貸与品を善良なる管理者としての注意をもって使用し、及び保管しなければならない。

2 被貸与者は、貸与品を勤務外に着用し、又は所属長の許可なくこれを他人に貸与し、若しくは処分してはならない。

(給付及び返納)

第4条 貸与品の使用期限の満了したものは、被貸与者に無償で給付するものとし、被貸与者が使用期限内に退職、休職又は貸与の対象外の職務に転じた場合は、これを返納しなければならない。ただし、被貸与者が在職中死亡した場合は、使用期限満了前であってもこれを遺族に給付することができる。

(弁償)

第5条 被貸与者は、貸与品の使用期間中において、自己の過失により、貸与品を損傷し、又は紛失した場合は、弁償の責めを負わなければならない。

(返納品の処置)

第6条 被貸与者は、すべて返納する被服等を洗濯補修の上、返納しなければならない。

2 返納品を後任者に給付した場合の使用期限は、前使用者の残期間とする。

(台帳)

第7条 所属長は、被服等貸与品台帳(別記様式)を備え付け、貸与状況を常に明らかにしておかなければならない。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成21年11月30日訓令第9号)

この訓令は、平成21年12月1日から施行する。

画像

南砺市職員被服等貸与規程

平成16年11月1日 訓令第26号

(平成21年12月1日施行)