○南砺市立図書館条例施行規則

平成16年11月1日

教育委員会規則第25号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市立図書館条例(平成16年南砺市条例第94号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業)

第2条 南砺市立図書館(以下「図書館」という。)は、図書館法(昭和25年法律第118号)第3条の規定に基づき、次の事業を行う。

(1) 図書館資料の収集、整理及び保存

(2) 図書館資料の貸出し

(3) 読書案内及び読書相談

(4) 調査、研究等への援助

(5) 他の図書館との相互協力事業の推進

(6) 読書会、研究会、鑑賞会、映写会、資料展示会等の開催及び奨励

(7) 時事に関する情報及び参考資料の紹介並びに提供

(8) 学校、博物館、研究所等との連絡及び協力

(9) 図書館利用及び資料に関する広報活動

(10) 前各号に掲げるもののほか、図書館の目的達成のため必要な事業

2 条例第2条に規定する中央館は、地域館及び図書サービスコーナーを統括し、連絡調整に関する業務を行う。

(職員)

第3条 図書館に、館長、司書その他必要な職員を置く。

(職員の守秘義務)

第4条 図書館職員は、資料及び施設の提供を通じて知り得た利用者の個人的な利用情報を漏らすなど、利用者のプライバシーを侵す行為をしてはならない。

(協議会の組織)

第5条 南砺市立図書館協議会(以下「協議会」という。)に会長及び副会長を置く。

2 会長及び副会長は委員の互選による。

3 会長は、協議会の会議(以下「会議」という。)を主宰する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代理する。

(会議の招集)

第6条 会議は、会長が招集する。ただし、委員の3分の1以上の請求がある場合は、臨時に招集することができる。

(会議の採決)

第7条 会議の議事は、出席委員の過半数でこれを決する。

(開館時間及び休館日)

第8条 図書館及び図書サービスコーナーの開館時間及び休館日は、別表のとおりとする。ただし、館長が必要と認めるときは、南砺市教育委員会の承認を得て、開館時間及び休館日を変更することができる。

(利用者の遵守事項)

第9条 図書館を利用する者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 館内の風紀及び秩序を乱さないこと。

(2) 資料の返却期日を守ること。

(3) 所定の場所以外に資料を持ち出さないこと。

(4) 他の利用者の迷惑になるような行為をしないこと。

(利用の制限)

第10条 館長は、この規則又は職員の指示に従わない者に対して、図書館の利用を停止し、若しくは禁止し、又は必要な措置を講ずることができる。

(損害賠償)

第11条 利用者は、図書館資料を損傷し、又は紛失した場合は、同一の現物又は相当の代価をもって弁償しなければならない。ただし、館長が特別の事由があると認めた場合は、この限りでない。

(視聴覚資料、機械、器具等の館内利用)

第12条 図書館の視聴覚資料、機械、器具等を館内で利用する者は、職員にその旨を申し出て、所定の場所で利用することができる。

(資料の複写)

第13条 図書館は、利用者が資料の複写を希望するときは、著作権法(昭和45年法律第48号)第31条に規定する範囲内においてこれを行うことができる。

2 複写に要する費用は、利用者の負担とする。

(貸出しの登録)

第14条 図書館資料の館外貸出を受けようとする者は、南砺市立図書館利用申請書(様式第1号)を館長に提出して貸出登録を受け、共通利用カード(様式第2号。以下「利用カード」という。)の交付を受けるものとする。

2 館長は、前項の登録に当たり、居住証明のできるものの提示を求めることができる。

3 利用カードを他に譲渡し、又は使用させてはならない。

4 利用カードが登録者本人以外によって使用され、損害が生じた場合、その責めは登録者本人に帰するものとする。

(登録内容の変更)

第15条 貸出登録を受けた者は、前条の申請書の記載内容に変更が生じたときは、速やかにその旨を館長に届け出なければならない。

2 館長は、前項の変更に当たり、居住証明のできるものの提示を求めることができる。

(利用カードの再交付)

第16条 利用カードを紛失したときは、再交付を受けることができる。

2 再交付に要する費用は、利用者の負担とする。

(貸出しの手続)

第17条 図書館資料の貸出しを受けようとする者は、図書館資料に利用カードを添えて提出しなければならない。

(貸出点数及び期間)

第18条 図書館資料の1人に貸し出す点数は、次のとおりとする。

(1) 図書資料 10点以内

(2) 視聴覚資料 3点以内

2 貸出期間は、次のとおりとする。

(1) 図書資料 2週間以内

(2) 視聴覚資料 1週間以内

3 前2項に定めるもののほか、館長が特に必要と認める場合は、その点数及び期間を別に指定することができる。

(団体貸出し)

第19条 市内の学校、地域団体、社会教育団体その他の団体で館長が適当と認める団体(以下「団体」という。)は、図書館資料の貸出しを受けることができる。

2 団体への貸出しの手続等については、第14条から第16条までの規定を準用する。

3 1団体が貸出しを受けることができる図書館資料(視聴覚資料を除く。)は、1回につき150点以内とし、貸出期間は1月以内とする。

(郵送貸出し)

第20条 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第4条に規定する身体障害者は、無料で図書館資料の郵送貸出しを利用することができる。

2 郵送貸出しの手続等必要な事項は、教育長が別に定める。

(貸出しの制限)

第21条 館長が指定する図書館資料については、貸出しを行わないものとする。

(資料の寄贈及び寄託)

第22条 一般の利用者に供する目的をもって図書館に資料を寄贈又は寄託しようとする者は、あらかじめ館長に申し出るものとする。

2 館長は、前項の規定により申出を受けた資料が、図書館の資料として適当であると認めた場合は、寄贈又は寄託を受けることができる。

3 資料を寄託する者は、寄託申込書(様式第3号)を館長に提出しその承認を得なければならない。

4 資料の寄贈及び寄託に関する費用は、寄贈者及び寄託者の負担とする。ただし、特別の理由があると認めた場合は、この限りでない。

5 図書館は、寄託資料を災害等その他の事情により亡失し、又は損傷したことについて、その責めを負わない。

6 寄託資料の取扱いについては、館長の定めるところによる。

(その他)

第23条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、教育長が別に定める。

附 則

 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の城端町立図書館管理運営規則(平成9年城端町教育委員会規則第1号)、上平村立図書館設置条例施行規則(昭和56年上平村教委規則第1号)、利賀村立図書館規則(昭和56年利賀村規則第1号)、井波町立図書館規則(昭和31年井波町教育委員会規則第7号)、井口村立図書館管理運営規則(平成12年井口村教育委員会規則第8号)、福野町立図書館管理規則(平成3年福野町教育委員会規則第4号)又は福光町立図書館設置条例施行規則(昭和43年福光町教育委員会規則第3号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年3月30日教育委員会規則第3号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月30日教育委員会規則第3号)

(施行期日)

1 この規則は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日の前日までに発行した共通利用カードは、この規則の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成20年9月24日教育委員会規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成21年1月20日教育委員会規則第2号)

この規則は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年1月17日教育委員会規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成22年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行日の前日までに発行した共通利用カードは、この規則の施行後も、なおその効力を有する。

附 則(平成23年8月4日教育委員会規則第3号)

この規則は、平成23年10月1日から施行する。

附 則(平成23年11月24日教育委員会規則第7号)

(施行期日)

1 この規則は、平成24年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成24年1月1日前に貸出しを受けることができる団体として館長が別に認めた団体がした登録その他の行為は、この規則による改正後の南砺市立図書館条例施行規則の相当規定によりしたものとみなす。

附 則(平成25年11月1日教育委員会規則第5号)

この規則は、平成25年12月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日教育委員会規則第2号)

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成27年12月21日教育委員会規則第9号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年1月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に有効期間内にある住民基本台帳カード(南砺市住民基本台帳カードの利用に関する条例を廃止する条例(平成27年南砺市条例第41号)の規定による廃止前の南砺市住民基本台帳カードの利用に関する条例(平成16年南砺市条例第13号)第2条第1号に規定する住民基本台帳カードをいう。以下この項において同じ。)の交付を受け、利用カードとして利用する手続を終えている場合においては、当該住民基本台帳カードを利用カードとみなす。

附 則(平成29年2月6日教育委員会規則第1号)

(施行期日)

1 この規則は、平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに発行した共通利用カードは、この規則の施行の日以後も、なおその効力を有する。

附 則(平成31年3月22日教育委員会規則第4号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

別表(第8条関係)

名称

開館時間

休館日

南砺市立中央図書館

平日 午前9時30分から午後7時まで

土曜日、日曜日及び休日 午前9時30分から午後5時まで

月曜日、12月29日から翌年の1月3日までの日、館内整理日及び蔵書点検期間

南砺市立福野図書館

平日 午前9時30分から午後7時まで

土曜日、日曜日及び休日 午前9時30分から午後5時まで

火曜日、12月29日から翌年の1月3日までの日、館内整理日及び蔵書点検期間

南砺市立城端図書館

南砺市立井波図書館

平日 午前9時30分から午後6時まで

土曜日、日曜日及び休日 午前9時30分から午後5時まで

月曜日、12月29日から翌年の1月3日までの日、館内整理日及び蔵書点検期間

南砺市立平図書館

午前9時30分から午後5時まで

月曜日、12月29日から翌年の1月3日までの日、館内整理日及び蔵書点検期間

上平図書サービスコーナー

利賀図書サービスコーナー

井口図書サービスコーナー

平日 南砺市教育委員会事務局職員等の勤務時間等に関する規則(平成16年南砺市教育委員会規則第8号)第2条本文に規定する時間

土曜日、日曜日、休日及び12月29日から翌年の1月3日までの日

備考

1 この表において「休日」とは、国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日をいう。

2 この表において「館内整理日」とは、毎月第4木曜日をいう。

3 この表において「蔵書点検期間」とは、毎年1回15日以内で館長が定める期間をいう。

画像

画像

画像

南砺市立図書館条例施行規則

平成16年11月1日 教育委員会規則第25号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
平成16年11月1日 教育委員会規則第25号
平成17年3月30日 教育委員会規則第3号
平成19年3月30日 教育委員会規則第3号
平成20年9月24日 教育委員会規則第13号
平成21年1月20日 教育委員会規則第2号
平成22年1月17日 教育委員会規則第1号
平成23年8月4日 教育委員会規則第3号
平成23年11月24日 教育委員会規則第7号
平成25年11月1日 教育委員会規則第5号
平成26年3月24日 教育委員会規則第2号
平成27年12月21日 教育委員会規則第9号
平成29年2月6日 教育委員会規則第1号
平成31年3月22日 教育委員会規則第4号