○南砺市福光青少年センター条例

平成16年11月1日

条例第100号

(設置)

第1条 市内に居住し、又は勤務する青少年の健全な育成を図るため、青少年センターを設置する。

(名称及び位置)

第2条 青少年センターの名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 南砺市福光青少年センター

(2) 位置 南砺市福光1137番地

(利用の許可)

第3条 南砺市福光青少年センター(以下「センター」という。)を利用する者は、あらかじめ南砺市教育委員会(以下「教育委員会」という。)の許可を受けなければならない。

2 利用の許可を受けたもの(以下「利用者」という。)が、利用に際して特別の施設を利用する場合は、利用の申出をするときに、その旨を届け出なければならない。

3 利用の許可は、申込みの順序による。ただし、公用又は公共用のため、特に必要と認めた場合においては、この限りでない。

4 前項の許可には、センターの管理上必要な条件を付すことができる。

(利用許可の変更等)

第4条 利用者は、利用の許可の取消し又は変更をするときは、利用日の前日までに教育委員会に申し出なければならない。

(利用の制限)

第5条 次の各号のいずれかに該当するときは、利用を許可しない。

(1) 公益若しくは公安を害し、又は風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 建物又は附属施設等を損傷するおそれがあると認めたとき。

(3) 管理上支障があると認めたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、教育委員会において適当でないと認めたとき。

(利用許可の取消し等)

第6条 利用に際し、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可の条件を変更し、又は利用を停止し、若しくは利用許可を取り消すことができる。この場合において、利用者に損害を生じても、市はその責めを負わない。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 利用許可の条件に違反したとき。

(3) 教育委員会において必要があると認めたとき。

(目的以外の利用禁止等)

第7条 利用者は、許可を受けた目的以外に利用し、又は利用の権利を譲渡し、若しくは転貸することができない。

(使用料)

第8条 利用者は、別表に定める額の使用料を納めなければならない。

(使用料の減免)

第9条 市長は、特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第10条 即納の使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合においては、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 天災、地変その他利用者の責めでない事由により、利用することができなくなったとき。

(2) 利用許可の取消し又は変更を願い出たものについて、市長が認めたとき。

(原状回復)

第11条 利用者がセンターの利用を終わったときは、直ちに整理し、一切を原状に回復して、係員の点検を受けなければならない。

2 前項の原状回復は、利用者が第6条の規定により利用の許可を取り消されたときも、同様とする。

3 利用者が前2項の義務を履行しないときは、教育委員会において執行し、その費用を利用者から徴収する。

(賠償責任)

第12条 センターの利用中に、建物、附属設備、器具等を損傷し、又は滅失したときは、利用者は、教育委員会の定める損害額を賠償しなければならない。

2 利用者が引き起こした事故については、市は一切賠償責任を負わない。

(委任)

第13条 この条例の施行に関し必要な事項は、教育委員会規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の福光町青少年センター設置条例(昭和51年福光町条例第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年12月25日条例第50号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前のそれぞれの条例の規定により利用の許可を受けている者は、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成26年3月24日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第28条、第38条及び第58条の規定を除く。)による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月20日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

別表(第8条関係)

施設名

面積

(m2)

基本使用料(円)

午前

午後

夜間

昼間

昼夜間

全日

9時から12時まで

13時から17時まで

18時から21時30分まで

9時から17時まで

13時から21時30分まで

9時から21時30分まで

101号室

66

940

1,250

1,150

2,200

2,410

3,350

102号室

48

620

830

730

1,460

1,570

2,200

103号室

22

620

830

730

1,460

1,570

2,200

読書室

19

620

830

730

1,460

1,570

2,200

和室

34

620

830

730

1,460

1,570

2,200

軽体育室

164

1,250

1,670

1,460

2,930

3,140

4,400

備考

1 商業宣伝、営業その他これに類する目的をもって利用する場合は、基本使用料に次に掲げる割合を乗じて得た額を加算する。

(1) 市に事業所を有する業者の場合は、100分の50

(2) 市に事業所を有しない業者の場合は、100分の100

2 冷暖房を利用する場合は、基本使用料に100分の30を乗じて得た額を加算する。

3 前2項で加算した額に1円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

4 利用時間の短縮を理由として、使用料は、減額しない。

南砺市福光青少年センター条例

平成16年11月1日 条例第100号

(令和元年10月1日施行)