○南砺市立保育園の私的契約児童の保育に要する費用規則

平成16年11月1日

規則第55号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市立各保育園の定員に余裕がある場合に限り入園できる私的契約児童の扶養義務者が納める保育に要する費用(以下「利用料」という。)の額の決定等に関し必要な事項を定めるものとする。

(扶養義務者の定義)

第2条 この規則において「扶養義務者」とは、民法(明治29年法律第89号)第877条に規定する者であって、私的契約により入園した児童と同一の世帯に属し、かつ、生計を同一にしているものをいう。

(利用料の額の決定)

第3条 市長は、私的契約による入園を承諾したときは、速やかに別に定める保育園入園承諾書により扶養義務者に通知するとともに、速やかに利用料の額を決定しなければならない。

(利用料決定基準)

第4条 利用料の基準額は、南砺市特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の利用者負担に関する規則(平成27年南砺市規則第25号)別表第2又は別表第3(以下「両表」という。)に規定する第13階層の保育標準時間の額とする。ただし、両表備考中利用者負担額の軽減に関する規定は、適用しない。

(利用料の納入)

第5条 利用料は、毎月末日までに納めなければならない。

(利用料の減免額)

第6条 利用料の額について、扶養義務者又は扶養義務者の世帯において災害、疾病、死亡その他やむを得ない事情が生じ、市長が特に必要と認めた場合は、第4条の規定によらないことができる。

2 前項の事由により利用料の減免を受けようとする扶養義務者は、私的契約児童利用料減免申請書(別記様式)により市長に申請しなければならない。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の福光町立保育園入園の私的契約児童の保育に要する費用規則(昭和44年福光町規則第6号。以下「合併前の規則」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この規則の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この規則の規定にかかわらず、平成17年3月31日までの私的契約により入園した児童に係る利用料の額については、合併前の規則の例による。

附 則(平成24年6月22日規則第18号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月24日規則第33号)

この規則は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月16日規則第5号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

画像

南砺市立保育園の私的契約児童の保育に要する費用規則

平成16年11月1日 規則第55号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第2節 児童・母子福祉等
沿革情報
平成16年11月1日 規則第55号
平成24年6月22日 規則第18号
平成27年3月24日 規則第33号
平成28年3月16日 規則第5号