○南砺市高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第51号

(目的)

第1条 この要綱は、要援護高齢者に対して、高齢者生活管理指導短期宿泊事業(以下「事業」という。)を実施することにより、自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を予防することをもって、福祉の向上を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、利用者の決定を除き、適切な事業運営が確保できると認められる社会福祉法人等(以下「事業受託者」という。)に委託できるものとする。

(利用対象者及び利用理由)

第3条 この事業の対象者は、65歳以上の高齢者で、介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく要介護認定結果が非該当となったもの又はそれに準ずるもの(以下「対象者」という。)とし、対象者又はその援護者が次の各号のいずれかに該当し、対象者が日常生活を営むに当たって一時的に支障が生じる場合とする。

(1) 対象者

家族等からの虐待若しくは放置又は基本的生活習慣の欠如等

(2) 援護者

疾病、出産、冠婚葬祭、事故、災害、学校等の公的行事への参加等

(事業の内容)

第4条 市長は、前条第1号又は第2号に該当する利用対象者に対し、一時的に養護老人ホーム等の空ベッドを活用して宿泊させ、日常生活に対する指導又は支援を行うものとする。

(実施施設)

第5条 事業の実施施設は、次のとおりとする。

(1) ケアハウス 城端うらら

(2) 養護老人ホーム 楽寿荘

(3) 特別養護老人ホーム いなみ

(利用の期間)

第6条 宿泊の期間は、原則として7日以内とする。ただし、やむを得ないと認める場合には、南砺市高齢者ミドルステイ事業実施要綱(平成16年南砺市告示第53号)により、必要最少限の範囲で延長することができるものとする。

(利用の申請)

第7条 この事業を利用しようとする者は、高齢者生活管理指導短期宿泊事業利用申請書(様式第1号)により市長に申請しなければならない。

(利用の決定)

第8条 市長は、前条の規定による申請があったときは、当該申請について、その必要性及び内容を審査し、提供するサービスの可否を決定するものとする。

2 市長は、事業の利用の可否について、高齢者生活管理指導短期宿泊事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により、利用申請者及び事業受託者に通知するものとする。

(利用の取消)

第9条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該利用者及び実施機関の長に本事業の取消を高齢者生活管理指導短期宿泊事業利用取消通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(1) 第3条に規定する対象者の要件に該当しなくなったとき。

(2) 利用者がこの事業の利用を辞退したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が不適当と認めたとき。

(即時宿泊の手続)

第10条 第3条に規定する理由に緊急性が極めて高く、第6条に規定する手続が困難なときは、申請者は、口頭で申し出ることができるものとする。

2 市長は、前項による申出がやむを得ないものと認めるときは、事業受託者の長の同意を得て、即時宿泊を行うことができるものとする。

3 前項により即時宿泊をした場合には、申請者は、速やかに第6条に規定する申請書を提出するものとする。

(宿泊の解除)

第11条 利用者は、宿泊期間満了前に宿泊の事由が消滅したときは、直ちに市長に報告するものとする。

2 市長は、前項の報告があった場合には、宿泊期間の短縮を決定し、高齢者生活管理指導短期宿泊事業利用解除通知書(様式第4号)により利用者及び事業受託者に通知しなければならない。

(委託料)

第12条 市長は、事業受託者に別表に掲げる金額を支払うものとする。

(利用者の負担)

第13条 利用者は、別表に定める利用料を負担しなければならない。

2 前項に規定する利用料は、事業受託者の収入として事業受託者が収受するものとする。

(事業の実績報告等)

第14条 事業受託者は、毎月の事業の実績及び請求書を翌月10日までに市長に提出するものとする。

(事業者の責務)

第15条 事業受託者は、事業を実施するに当たり、誠意及び真心を持って行わなければならない。

2 事業受託者は、事業の実施上で知り得た個人の情報及び秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第16条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の城端町生活管理指導事業運営要綱(平成12年城端町告示第52号)、在宅老人短期保護事業実施要綱(平成元年平村要綱第13号)、上平村老人短期入所運営事業実施要綱(平成6年上平村要綱第5号)、在宅老人短期保護事業実施要綱(平成元年利賀村要綱第1号)、井波町ショートステイ事業実施要綱(平成6年井波町要綱第3号)、在宅老人短期保護事業実施要綱(昭和61年井口村要綱」第4号)、福野町在宅福祉対策事業実施要綱(平成15年福野町告示第48号)又は福光町ショートステイ事業実施要綱(平成7年福光町告示第14号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成19年8月17日告示第110号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成20年5月30日告示第99号)

この告示は、平成20年6月1日から施行する。

附 則(平成26年3月17日告示第68号)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の各告示の規定は、この告示の施行の日以後の利用に係る利用料等について適用し、同日前の利用に係る利用料等については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月25日告示第124号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

別表(第12条、第13条関係)

(1日当たり)

利用料

委託料(市負担額)

利用者負担額

3,919円

2,140円

1,779円

画像画像

画像

画像

画像

南砺市高齢者生活管理指導短期宿泊事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第51号

(平成28年4月1日施行)