○南砺市高齢者等ミドルステイ事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第53号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者等に対し、高齢者等ミドルステイ事業(以下「事業」という。)を実施することにより、当該高齢者等が在宅で自立した生活が営めるよう支援し、もって福祉の向上を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、利用者、サービス内容及び利用料の決定を除き、適切な事業運営が確保できると認められる社会福祉法人等(以下「事業受託者」という。)に委託できるものとする。

(利用対象者)

第3条 この事業を利用できる者(以下「利用対象者」という。)は、市に住所を有する在宅の者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号)に基づく保険給付を受けることができる者であって、短期入所生活介護の利用のみでは、在宅での介護が困難な者

(事業の内容)

第4条 前条に掲げる利用対象者及びその介護者が、次の各号のいずれかの理由により、中期の利用が真にやむを得ないと市長が認め、在宅での介護ができない場合ミドルステイサービスを提供するものとする。

(1) 介護者の入院、研修、出張等により介護者が長期間不在となる場合

(2) 要介護高齢者等の住宅及び居室の改造を行うため、一時的に利用する場合

(3) 前2号に掲げるもののほか、中期的に居宅での介護又は生活が困難であると市長が認めた場合

(利用期間)

第5条 この事業の利用は、最長90日間(介護保険法に基づく短期入所生活介護等の期間を含む。)とする。

(利用の申請)

第6条 この事業を利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、高齢者等ミドルステイ事業利用申請書(様式第1号)により市長に申請しなければならない。

(利用の決定)

第7条 市長は、前条の規定による申請があったときは、当該申請について、その必要性及び内容を審査し、提供するサービスの可否を決定するものとする。

2 市長は、事業の利用の可否について、高齢者等ミドルステイ事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により、申請者及び事業受託者に通知するものとする。

(利用の取消し)

第8条 市長は、前条の規定による利用の決定を受けた申請者(以下「利用決定者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、当該利用決定者及び事業受託者に対し本事業の利用の取消しを高齢者等ミドルステイ事業利用取消通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(1) 利用決定者が第3条に規定する要件に該当しなくなったとき。

(2) 利用決定者がこの事業の利用を辞退したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が不適当と認めたとき。

(事業受託者等との協議)

第9条 市長は、利用決定者が事業を利用しようとするときは、事業受託者と利用開始日及び利用内容等を協議するものとする。

(委託料)

第10条 市長は、事業受託者に対し別表に掲げる委託料を支払うものとする。

(利用者負担額)

第11条 利用決定者は、事業受託者に対し別表に掲げる利用者負担額を支払わなければならない。

2 前項の利用者負担額は、事業受託者の収入として事業受託者が収受するものとする。

(事業の実績報告等)

第12条 事業受託者は、毎月の事業の実績及び請求書を翌月10日までに市長に提出するものとする。

(責務)

第13条 事業受託者は、事業によるサービスの提供をするに当たり、誠意及び真心をもって行わなければならない。

2 事業受託者は、事業によるサービスの提供を行う上で知り得た個人の情報及び秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第14条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の城端町高齢者ミドルステイ(「やむを得ない事由」による措置)事業実施要綱(平成12年城端町要綱第50号)、平村高齢者ミドルステイ事業実施要綱(平成14年平村告示第25号)、上平村要介護高齢者ミドルステイ事業実施要綱(平成11年上平村要綱第4号)、井波町ミドルステイ事業実施要綱(平成12年井波町要綱第1号)、福野町在宅福祉対策事業実施要綱(平成15年福野町告示第48号)若しくは福光町高齢者ミドルステイ事業実施要綱(平成15年福光町告示第25号)又は合併前の利賀村若しくは井口村のこの告示に相当する例規の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年9月20日告示第73号)

この告示は、平成17年10月1日から施行する。

附 則(平成19年9月18日告示第116号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成26年3月17日告示第68号)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の各告示の規定は、この告示の施行の日以後の利用に係る利用料等について適用し、同日前の利用に係る利用料等については、なお従前の例による。

附 則(令和2年3月31日告示第99号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

別表(第10条、第11条関係)

利用対象者

委託料(市負担額)

利用者負担額

第3条第1号に該当する者

生活保護世帯

次の(1)及び(2)を合算した額

(1) 事業受託者が算定する短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護に係る介護報酬に準ずる額(ただし、送迎加算は除く。)

(2) 介護保険法における食費の基準費用額から食費の負担限度額を控除した額及び滞在費の基準費用額から滞在費の負担限度額を控除した額の合計額

介護保険法における食費の負担限度額及び滞在費の負担限度額の合計額

その他の世帯

事業受託者が算定する短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護に係る介護報酬に準ずる額(ただし、送迎加算は除く。)から利用者負担額を控除した額

次の(1)及び(2)を合算した額

(1) 事業受託者が算定する短期入所生活介護及び介護予防短期入所生活介護に係る介護報酬に準ずる額(ただし、送迎加算は除く。)に利用者の負担割合を乗じて得た額

(2) 事業受託者が定める食費及び滞在費に相当する額

第3条第2号に該当する者

2,550円(1日につき1人当たり)

2,100円(1日につき1人当たり)

画像

画像

画像

南砺市高齢者等ミドルステイ事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第53号

(令和2年4月1日施行)