○南砺市訪問理美容事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第65号

(目的)

第1条 この要綱は、訪問理美容事業(以下「事業」という。)を実施することにより、理容院又は美容院へ行くことが困難な要介護高齢者に対して、理容又は美容サービスを提供し、要介護高齢者等の在宅福祉の増進を図ることを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、利用者の決定を除き、事業の実施を市内の理容業者及び美容業者(以下「事業受託者」という。)に委託し、利用対象者を訪問して実施する。

(対象者)

第3条 この事業の対象者は、市に住所を有する在宅の者で、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 介護保険法(平成9年法律第123号。以下「法」という。)に基づく保険給付を受けることができる65歳以上の高齢者で、要介護認定の要介護4以上と認定されたもの

(2) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条の規定により身体障害者手帳の交付を受けた者で、同法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)別表第5号に規定する障害程度が1級若しくは2級に該当する下肢又は体幹障害のあるもの

(3) 富山県療育手帳交付要綱(昭和49年富山県告示第165号)第2条の規定により療育手帳の交付を受けた者で、障害の程度がAと記載されているもの

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者

(事業の内容)

第4条 この事業は、事業受託者が居宅を訪問し、対象者に対し散髪・整髪その他付随する可能な理美容サービスを提供するものとする。

(利用の限度)

第5条 この事業の利用は、6箇月に1回とし、年間2回を限度とする。

(利用の申請)

第6条 この事業を利用しようとする者は、訪問理美容事業利用申請書(様式第1号)により市長に申請しなければならない。この場合、申請は、市内の地域型在宅介護支援センターを経由して、市長に申請できるものとする。

(利用の決定)

第7条 市長は、前条に規定する申請があったときは、その申請について、その必要性及び内容を審査し、事業の利用の可否を決定するものとする。

2 市長は、事業の利用の可否について、訪問理美容事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(利用の取消)

第8条 市長は、利用者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該利用者に対する事業の利用の取消を訪問理美容事業利用取消決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(1) 第3条に規定する対象者の要件に該当しなくなったとき。

(2) この事業の利用を辞退したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が不適当と認めたとき。

(利用券の交付)

第9条 市長は、第7条の規定により利用の決定をしたときは、訪問理美容事業利用券を6箇月に1枚又は年間2枚を限度として交付するものとする。

2 前項の利用券の有効期限は、当該年度の9月30日及び3月31日までとする。

(利用券の提示等)

第10条 利用券の交付を受けた者が、事業を利用しようとするときは、事業受託者に対して利用券を提示し、利用開始日及び利用内容等を協議するものとする。

(委託料)

第11条 市長は、事業受託者に対して、1回2,000円の委託料を支払うものとする。

(利用者負担)

第12条 利用者は、事業に要する経費から前条に規定する委託料を控除した理美容に要する経費(以下「理美容経費」という。)を負担するものとする。

2 利用者は、前項の理美容経費を事業受託者に直接納付するものとする。

(事業受託者の登録)

第13条 この事業を受託しようとする者は、南砺市高齢者福祉サービス事業受託者登録規程(平成16年南砺市告示第85号)により、市に登録をしなければならない。

(事業の実績報告等)

第14条 事業受託者は、毎月の事業の利用券及び請求書を翌月10日までに市長に提出するものとする。

(責務)

第15条 事業受託者は、事業を実施するに当たり、誠意及び真心を持って行わなければならない。

2 事業受託者は、事業の実施上で知り得た個人の情報及び秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第16条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年11月1日から平成17年3月31日までの南砺市訪問理美容事業については、合併前の福光町高齢者等訪問理美容サービス事業実施要綱(平成14年福光町告示第20号)又は合併前の福野町のこの告示に相当する例規の例による。

附 則(平成18年3月31日告示第56号)

(施行期日)

1 この告示は、平成18年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に存する改正前の告示に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

附 則(平成22年3月26日告示第72号)

この告示は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月31日告示第96号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

南砺市訪問理美容事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第65号

(平成26年4月1日施行)