○南砺市高齢者等軽度生活援助事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第66号

(目的)

第1条 この要綱は、在宅で生活する高齢者及び重度身体障害者(以下「高齢者等」という。)に対して、高齢者等軽度生活援助事業(以下「事業」という。)を実施することにより、軽易な日常生活上の援助を行い、自立した生活の継続を可能にするとともに、要介護状態への進行を防止することを目的とする。

(実施主体)

第2条 事業の実施主体は、市とする。ただし、対象者、助成金額の決定等を除き、南砺市シルバー人材センター(以下「事業受託者」という。)に委託して実施するものとする。

(対象世帯)

第3条 事業の対象世帯は、日常生活上の援助を必要とする世帯で、次の各号のいずれかに該当するものとする。ただし、市に住所を有する在宅の高齢者等の世帯に限る。

(1) 70歳以上のひとり暮らし高齢者世帯

(2) 75歳以上のみ世帯

(3) 重度身体障害者のみ世帯

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める世帯

2 前項の規定にかかわらず、第5条の規定による申請を行った日の属する年度(申請を4月から6月までの間に行った場合は、前年度)の市県民税所得割の課税世帯及び他の事業により同様の生活援助を受けている世帯は、対象としない。

(サービスの内容)

第4条 事業で実施するサービス及びその内容は、次の表に掲げるとおりとし、市長は、対象世帯に対し必要と認められるサービスを提供するものとする。

サービス

内容

家周りの手入れ

庭木の伐採(剪定は除く。) 庭の除草等

軽易な生活上の援助

家屋内の整頓 家屋内の清掃 除雪(屋根雪除雪は除く。) 家屋の雪囲い(樹木は除く。) 台風時の防備 障子の張替等

(申請)

第5条 事業を利用しようとする者(以下「申請者」という。)は、高齢者等軽度生活援助事業利用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。ただし、緊急を要すると市長が認める場合は、事後において申請できるものとする。この場合において、申請手続はできるだけ速やかに行うものとする。

2 前項の申請書は、市内の在宅介護支援センターを経由して、市長に提出できるものとする。

(決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、当該申請について、その必要性及び内容を審査し、事業の利用の可否を決定するものとする。

2 市長は、事業の利用の可否について、高齢者等軽度生活援助事業利用決定(却下)通知書(様式第2号)により、申請者に通知するものとする。

(利用の取消)

第7条 市長は、前条第2項の規定による利用の決定の通知を受けた申請者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、当該利用者に対する事業の利用の決定を取り消し、高齢者等軽度生活援助事業利用取消通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(1) 利用者の属する世帯が対象世帯の要件に該当しなくなったとき。

(2) 利用者が事業の利用を辞退したとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が不適当と認めるとき。

(助成金の交付等)

第8条 市長は、第4条に規定するサービスの提供を受け、事業受託者が定める当該サービスの経費(以下「経費」という。)を事業受託者に支払った利用者に対し、予算の範囲内で助成金を交付するものとする。

2 前項に規定する助成金は、第11条に規定する実績報告に基づき額を決定し、交付するものとする。

(助成金の額)

第9条 助成金の額は、前条に規定する経費(機械代、材料費等は除く。)の2分の1以内とし、利用者1世帯当たり当該年度中1万円を限度とする。ただし、南砺市山間過疎地域振興条例(平成25年南砺市条例第2号)第2条第1号に定める山間過疎地域に居住する利用者に限り、1世帯当たり当該年度中2万円を限度とする。

(関係機関等との連携)

第10条 市長は、事業の実施に当たり、常に関係機関及び民生委員等との連携を密にするとともに、事業受託者との連絡及び調整を十分行い、事業を円滑に実施するものとする。

2 市長は、事業の適正な実施を図るため、事業受託者が行う業務の内容を定期的に調査し必要な措置を講ずるものとする。

(事業の実績報告等)

第11条 事業受託者は、毎月の事業の実績を翌月20日までに市長に提出するものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年11月1日から平成17年3月31日までの南砺市高齢者軽度生活援助事業については、合併前の城端町軽度生活援助実施事業(平成12年城端町告示第55号)、福野町在宅福祉対策事業実施要綱(平成15年福野町告示第48号)若しくは福光町高齢者軽度生活援助事業実施要綱(平成15年福光町告示第7号)又は合併前の平村、上平村、利賀村、井波町若しくは井口村のこの告示に相当する例規の例による。

附 則(平成18年3月31日告示第70号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成20年1月30日告示第24号)

この告示は、公表の日から施行し、改正後の南砺市高齢者軽度生活援助事業実施要綱の規定は、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成20年3月31日告示第71号)

この告示は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月23日告示第62号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成25年11月29日告示第159号)

この告示は、公表の日から施行し、改正後の南砺市高齢者等軽度生活援助事業実施要綱の規定は、平成25年4月1日から適用する。

附 則(平成26年3月31日告示第96号)

この告示は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成31年3月29日告示第85号)

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年6月26日告示第216号)

この告示は、令和2年7月1日から施行する。

画像画像

画像

画像

南砺市高齢者等軽度生活援助事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第66号

(令和2年7月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第66号
平成18年3月31日 告示第70号
平成20年1月30日 告示第24号
平成20年3月31日 告示第71号
平成23年3月23日 告示第62号
平成25年11月29日 告示第159号
平成26年3月31日 告示第96号
平成31年3月29日 告示第85号
令和2年6月26日 告示第216号