○南砺市高齢者の生きがいと健康づくり推進事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第79号

(目的)

第1条 この告示は、高齢者の生きがいと健康づくり推進事業(以下「事業」という。)を実施することにより、高齢者の生きがいの助長及び社会参加を促進し、自立生活の助長を図ることを目的とする。

(実施主体等)

第2条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、地域の事情に応じ、適切な事業運営が確保できると認められる南砺市社会福祉協議会、高齢者の福祉団体である南砺市老人クラブ連合会及び南砺市総合型地域スポーツクラブ連絡協議会(以下「事業受託者」という。)に委託できるものとする。

(対象者)

第3条 この事業の対象者は、市に住所を有する60歳以上の高齢者とする。

(事業内容)

第4条 この事業の内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 高齢者の社会活動についての広報活動事業

(2) ふれあい交流事業

(3) 文化伝承活動、三世代交流活動等高齢者の地域活動事業

(4) スポーツ、娯楽及び健康増進の振興事業

(5) 木工、陶芸、手芸、園芸等の生産及び創造活動事業

(6) 高齢者教養講座及び健康生きがい講座等の開催

(7) 高齢指導者の活用事業

(8) 前各号に掲げるもののほか、市長が適当と認める事業

(委託契約)

第5条 この事業の実施にあたり、事業受託者は、毎年度4月10日までに事業収支予算書及び事業実施計画書を作成し、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、当該申請について、その内容を審査し、適当と認められるときは事業受託者と委託契約書を締結するものとする。

3 事業受託者は、事業実施計画書等に基づき事業を実施しなければならない。ただし、市長が必要あると認めるときは、事業実施計画等を変更し実施することができる。

(委託料)

第6条 市長は、事業受託者に対して委託契約に基づく委託料を支払うものとする。

2 委託料は、分割して支払うことができるものとする。

(事業の実績報告等)

第7条 事業受託者は、毎年度3月末までに事業収支決算書及び事業実施報告書を、市長に提出するものとする。

(責務)

第8条 事業受託者は、事業を実施するに当たり、誠意及び真心をもって行わなければならない。

2 事業受託者は、事業の実施上で知り得た個人の情報及び秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第9条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年11月1日から平成17年3月31日までの南砺市高齢者の生きがいと健康づくり推進事業については、合併前の福野町在宅福祉対策事業実施要綱(平成15年福野町告示第48号)又は合併前の城端町、平村、上平村、利賀村、井波町、井口村若しくは福光町のこの告示に相当する例規の例による。

附 則(平成19年3月30日告示第51号)

この告示は、平成19年4月1日から施行する。

南砺市高齢者の生きがいと健康づくり推進事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第79号

(平成19年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第79号
平成19年3月30日 告示第51号