○南砺市高齢者実態把握事業実施要綱

平成16年11月1日

告示第81号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者実態把握事業(以下「事業」という。)を実施することにより、地域における高齢者の心身の状況及び家族の状況等の実態を把握し、介護又は保健福祉に関するニーズ等の評価を行うとともに、要援護高齢者の介護についての支援又は要介護状態になるおそれのある高齢者への介護予防及び生活支援を行うことを目的とする。

(対象者)

第2条 この事業の対象者は、市内に住所を有する在宅の65歳以上の要援護高齢者並びに要援護となるおそれのある高齢者及び要介護高齢者等(以下「要援護高齢者等」という。)とする。

(把握方法)

第3条 実態の把握については、対象者の自宅を訪問する等の方法により、本人又は家族等に面接して次に掲げる内容の聴き取りを行うものとする。

(1) 基本情報(氏名等の基本情報、居住環境、家族、既往歴等)

(2) 現病、障害及び日常生活動作の状況

(3) 社会活動及び精神の状況

(4) サービスの利用状況

(5) サービスの利用意向

2 前項の規定により把握した内容については、必要に応じ南砺市地域包括支援センターが開催する地域連携会議において、関係者と介護又は保健福祉に関するニーズ等の評価を行うとともに、要援護高齢者の介護についての支援及び要介護状態になるおそれのある高齢者への介護予防並びに生活支援を行うものとする。

3 第1項の規定により把握した内容及び前項の規定により実施した評価の結果及び介護の予防又は生活支援に関する計画及び実施状況等については、その内容を記載した台帳を整備する。

(事業の実施)

第4条 この事業の実施については、南砺市高齢者総合相談事業実施要綱(平成18年南砺市告示第63号)第3条に規定する在宅介護支援センター及び社会福祉法人南砺市社会福祉協議会に委託して行うものとする。

2 南砺市地域包括支援センターは、市全域の要援護高齢者等の心身の状況に関する情報の集約を行うとともに、前項の在宅介護支援センター及び社会福祉法人南砺市社会福祉協議会の行う要援護高齢者等の介護についての支援並びに介護予防及び生活支援について、指導及び支援を行うものとする。

(秘密の保持)

第5条 この事業の実施に当たり、対象者のプライバシーの保護に万全を期するとともに、正当な理由なくその業務に関して知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第6条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 平成16年11月1日から平成17年3月31日までの南砺市高齢者実態把握事業については、合併前の福野町在宅福祉対策事業実施要綱(平成15年福野町告示第48号)又は合併前の城端町、平村、井波町若しくは福光町のこの告示に相当する例規の例による。

附 則(平成18年3月31日告示第75号)

この告示は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月17日告示第116号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成26年3月6日告示第60号)

(施行期日)

1 この告示は、平成26年4月1日から施行する。

南砺市高齢者実態把握事業実施要綱

平成16年11月1日 告示第81号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第3節 老人福祉
沿革情報
平成16年11月1日 告示第81号
平成18年3月31日 告示第75号
平成25年9月17日 告示第116号
平成26年3月6日 告示第60号