○南砺市心身障害者扶養保険掛金助成要綱

平成16年11月1日

告示第96号

(趣旨)

第1条 この告示は、心身障害者扶養共済制度に加入している者に対する掛金助成に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この告示において心身障害者とは、次の各号のいずれかに該当する市内に住所を有する在宅の者であって、将来独立自活することが困難であると認められるものをいう。

(1) 知的障害者で知能指数がおおむね75以下の者

(2) 身体障害者福祉法施行規則(昭和25年厚生省令第15号)に定める身体障害者で障害程度等級表の1級から3級までに該当する障害を有するもの

(3) 精神又は身体に永続的な障害を有する者で、その障害程度が前2号に掲げるものと同程度と認められるもの

2 この告示において「保護者」とは、次の各号のいずれかに該当する者であって、現に心身障害者を扶養しているものをいう。

(1) 心身障害者の配偶者(婚姻の届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情のある者を含む)

(2) 心身障害者の父母、兄弟姉妹、祖父母その他の親族(親族でないが事実上、親族と同様な関係にある者を含む。)

(助成金の交付)

第3条 市長は、心身障害者の保護者が心身障害扶養共済制度に加入した場合に掛金の一部を助成金として交付する。

(助成金の交付対象者及び助成)

第4条 前条に規定する助成対象者は、第2条に規定する心身障害者の保護者とする。

2 助成率は、年掛金の4分の1以内とする。

(助成金の交付申請)

第5条 共済掛金の助成を受けようとする者は、心身障害者扶養保険掛金助成交付申請書(様式第1号)により申請しなければならない。

(助成金の交付方法)

第6条 市長は、前条の申請があった場合は、その内容を審査し、適当と認めた場合には、助成金を交付する。

(その他)

第7条 この告示に定めるもののほか必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の福光町心身障害者扶養保険掛金助成要綱(昭和52年福光町告示第31号)(以下「合併前の告示」という。)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この告示の規定にかかわらず、平成17年3月31日までに交付の決定を受けた助成金については、合併前の告示の例による。

画像

南砺市心身障害者扶養保険掛金助成要綱

平成16年11月1日 告示第96号

(平成16年11月1日施行)