○南砺市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例施行規則

平成16年11月1日

規則第90号

(多量排出事業者)

第2条 条例第14条の規定による多量排出事業者とは、自ら処理できない一般廃棄物を1日当たり1トン以上排出する事業者をいう。

(臨時かつ多量の一般廃棄物及び粗大ごみの排出届出)

第3条 条例第15条の規定による届出は、臨時かつ多量の一般廃棄物及び粗大ごみの排出届出(様式第1号)による。

(処理除外物の条件)

第4条 条例第17条第1項第3号の規定による処理除外物となり得る容積又は重量の条件は、次のとおりとする。

(1) 容積 2トン収集運搬車に積載できない一般廃棄物

(2) 重量 100キログラム以上の一般廃棄物

(一般廃棄物収集運搬及び処理の手数料の徴収納付)

第5条 条例第22条第1項に規定する手数料の徴収納付については、次のとおりとする。

(1) 条例第22条第1項に規定するごみ処理手数料は市指定ごみ袋販売取扱い店が徴収し納付する。

(2) 条例第22条第1項に規定するし尿、浄化槽汚泥収集運搬手数料は、許可業者が徴収し納付する。

(一般廃棄物収集運搬及び処理の手数料の減免)

第6条 条例第22条第3項による手数料の減免を受けようとする者は、一般廃棄物収集運搬及び処理の手数料減免申請書(様式第2号)を市長に提出しなければならない。

(一般廃棄物収集運搬業等の許可申請)

第7条 条例第23条の規定による許可の申請書は、一般廃棄物収集運搬処分を業とする者は一般廃棄物収集運搬処分業許可申請書(様式第3号)、浄化槽清掃を業とする者は浄化槽清掃業許可申請書(様式第4号)とする。

2 前項の申請書に記載した事項を変更しようとするときは、直ちにその事項について理由を付して市長に届け出て、承認を受けなければならない。

(許可証)

第8条 条例第23条による許可証は、一般廃棄物収集運搬処分を業とする者は一般廃棄物収集運搬処分業許可証(様式第5号)、浄化槽清掃を業とする者は浄化槽清掃業許可証(様式第6号)とする。

(営業の休止又は廃止)

第9条 条例第23条第1項に規定する一般廃棄物収集運搬業等を行う者が営業を休止し、又は廃止しようとするときは、その1箇月前までに市長に届け出なければならない。

2 営業を休止し、又は廃止したときは、許可証を市長に返納しなければならない。

(営業の報告)

第10条 条例第25条に定める報告書は、市長が別に定める様式により、毎月の取扱状況を翌月10日まで市長に提出しなければならない。

(その他)

第11条 この規則の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の平村廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成元年平村規則第3号)、上平村廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成元年上平村規則第3号)、井波町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和47年井波町規則第1号)、福野町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(昭和56年福野町規則第3号)又は福光町廃棄物の処理及び清掃に関する条例施行規則(平成7年福光町規則第6号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの規則の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成17年5月30日規則第20号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年9月29日規則第85号)

この規則は、平成20年12月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例施行規則

平成16年11月1日 規則第90号

(平成20年12月1日施行)