○南砺市地区会館条例

平成16年11月1日

条例第164号

(設置)

第1条 近年の混住化する農村社会の変ぼうに対応し、地域住民の教養の向上、健康の増進、豊かな人づくり、地域産業との融和を図ること及び活力ある豊かなまちづくりを推進するため南砺市地区会館(以下「会館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 会館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

南砺市近思会館

南砺市野尻652番地2

南砺市福野東部多目的研修センター「東部会館」

南砺市野新393番地

南砺市福野南部多目的研修センター「玉成会館」

南砺市広安338番地2

南砺市安居多目的研修センター「安居地区会館」

南砺市安居199番地2

(会館の維持管理)

第3条 会館の維持管理の業務は、南砺市交流センター条例(平成31年南砺市条例第1号)第4条の規定により当該会館の所在する地区の南砺市交流センターの維持管理を委託された地域づくり協議会が行うものとする。ただし、同条ただし書の規定による場合は、この限りでない。

(利用許可)

第4条 会館を利用しようとする者(団体は代表者)は、利用の3日前までに利用申請書により、市長の許可を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、公益を害するおそれがあると認められるとき。

(2) 管理上、支障があると認められるとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が適当でないと認めたとき。

(利用許可の取消し)

第5条 利用許可を受けた者(又は団体)が、次の各号のいずれかに該当するときは、その利用を中止させ、又はその利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 他人に危害又は迷惑を及ぼすおそれのある物品又は動物を携行するとき。

(3) 風紀を乱すおそれがあると認められるとき。

(委任)

第6条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の福野町の公の施設条例(昭和39年福野町条例第3号)によりなされた手続、処分その他の行為は、この条例の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成31年3月20日条例第1号)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日(以下「施行日」という。)から施行する。

(経過措置)

3 前項の規定による廃止前の南砺市公民館条例(以下「旧公民館条例」という。)第2条第1項に規定する公民館であって、施行日以後も自治振興会が継続する地区に所在するものについては、当該地区の自治振興会が地域づくり協議会に移行するまでの間この条例の規定は適用せず、旧公民館条例の規定、附則第7項の規定による改正前の南砺市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例(附則第5項において「旧報酬等条例」という。)別表の規定並びに附則第8項の規定による改正前の南砺市地区会館条例第3条及び第4条の規定(自治振興会が継続する地区が合併前の旧福野町の地域に属する場合に限る。)は、なおその効力を有する。

6 施行日の前日までに、附則第8項の規定による改正前の南砺市地区会館条例によりなされた処分、手続その他の行為は、同項の規定による改正後の南砺市地区会館条例の相当規定によりなされたものとみなす。

南砺市地区会館条例

平成16年11月1日 条例第164号

(平成31年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第2節
沿革情報
平成16年11月1日 条例第164号
平成31年3月20日 条例第1号