○南砺市地区会館条例施行規則

平成16年11月1日

規則第101号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市地区会館条例(平成16年南砺市条例第164号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用者の範囲)

第2条 南砺市地区会館(以下「会館」という。)を利用できる者(以下「利用者」という。)は、原則として当該地区に在住する者とする。ただし、その利用に支障がない場合には、その他の者の利用にも供するものとする。

(利用時間)

第3条 会館の利用時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、特別の理由がある場合は、この限りでない。

(利用者の守るべき事項)

第4条 利用者は、条例第3条の規定により会館の維持管理の業務を行う地域づくり協議会(以下「管理者」という。)の指示に従い、次の事項を守らなければならない。

(1) 許可を受けないで、広告類を掲示し、又は配布しないこと。

(2) 許可を受けないで、会館内で物品を販売し、又は金品の寄附募集等の行為をしないこと。

(3) 建物、設備、器材器具その他工作物を損傷し、又は汚損するおそれのある行為をしないこと。

(4) 所定の場所以外で喫煙しないこと。

(5) 許可を受けないで、器財器具を備付けの場所以外に持ち出さないこと。

(6) 利用が終わったときは、速やかに器材器具等を所定の場所に整頓して管理者の点検を受けること。

(運営委員会)

第5条 会館の合理的な運営を図るため、それぞれ会館運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の委員は、若干人とする。

3 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1) 学識経験者

(2) 関係行政機関の職員

(3) 利用者代表

4 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

5 補欠により就任した委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第6条 運営委員会に会長1人、副会長1人を置く。

(1) 会長及び副会長は、委員の互選とする。

(2) 会長は運営委員会を代表し、会長に事故があるときは、副会長がその職務を代行する。

(会議)

第7条 運営委員会は、必要の都度会長が招集する。

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、合併前の福野町近思会館管理運営規則(昭和58年福野町規則第3号)又は地区多目的研修会館等管理運営規則(昭和56年福野町規則第4号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この規則の施行の日以後最初に委嘱される委員の任期は、第5条第4項の規定にかかわらず平成17年3月31日までとする。

附 則(平成31年3月29日規則第13号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。

(南砺市地区会館条例施行規則の改正に伴う経過措置)

2 この規則の施行の日の前日までに、第1条の規定による改正前の南砺市地区会館条例施行規則第5条第3項の規定によりなされた委員の委嘱は、この条例第1条の規定による改正後の南砺市地区会館条例施行規則第5条第3項の規定によりなされた委員の委嘱とみなす。

南砺市地区会館条例施行規則

平成16年11月1日 規則第101号

(平成31年4月1日施行)