○南砺市イオックス・アローザ交流施設条例

平成16年11月1日

条例第187号

(設置)

第1条 豊かな自然とのふれあいを求める人々と地域住民の交流及び都市と農村の交流を促進し、地域の活性化を図るため、南砺市イオックス・アローザ交流施設(以下「交流施設」という。)を設置する。

(名称及び位置等)

第2条 交流施設の名称及び位置等は、別表第1のとおりとする。

(指定管理者による管理)

第3条 交流施設の管理は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 交流施設の利用の許可に関する業務

(2) 交流施設及びその設備の維持に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、交流施設の運営に関する事務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者が交流施設の管理を行う期間は、指定を受けた日の属する年度の翌年度4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年の間とする。ただし、再指定は妨げない。

(利用の許可)

第6条 交流施設を利用しようとする者は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、利用の許可に際して、管理上必要な条件を付すことができる。

(利用の制限)

第7条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用を許可しない。

(1) 公益若しくは公安を害し、又は風俗を乱すおそれがあると認めたとき。

(2) 建物、附属設備、器具等を損傷するおそれがあると認めたとき。

(3) 交流施設の設置目的に反し、管理運営上不適当であると認めたとき。

(4) 専ら営利を目的としたものであるとき。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者において適当でないと認めたとき。

(目的以外の利用禁止等)

第8条 利用の許可を受けたもの(以下「利用者」という。)は、許可を受けた目的以外に利用し、又は利用許可の権利を他の者に譲渡し、若しくは転貸することができない。

(利用許可の取消し等)

第9条 指定管理者は、利用許可を受けたものが次の各号のいずれかに該当するときは、利用を制限し、若しくは利用を停止し、又は利用許可を取り消すことができる。

(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。

(2) 許可の条件に違反したとき。

(3) 虚偽の申請により利用の許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、指定管理者が管理上特に支障があると認めたとき。

(利用料金)

第10条 利用者は、指定管理者に利用料金を納めなければならない。

2 利用料金は、別表第2に定める範囲内において、指定管理者が市長の承認を受けて定める。

3 利用料金は、指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料金の減免)

第11条 指定管理者は、市長の承認を受けて定めた基準により、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用料金の不還付)

第12条 既納の利用料金は還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、その全部又は一部を還付することができる。

(1) 天災地変その他利用者の責めに帰さない事由により利用することができなくなったとき。

(2) 指定管理者が、第9条各号に定める事由以外の事由で、利用許可を取り消し、又は変更したとき。

(3) 利用者が、規則第5条の規定に基づき、事前に利用許可を取り消し、又は変更を願い出たものについて、指定管理者が還付することが適当と認めたとき。

(原状回復)

第13条 利用者が利用を終わったときは、直ちに整理し、一切を原状に回復して係員の点検を受けなければならない。

2 前項の原状回復は、利用者が第9条の規定により利用の許可を取り消されたときも同様とする。

(賠償責任)

第14条 交流施設の利用中に、建物、附属設備、器具等を損傷し、又は滅失したときは、利用者は指定管理者の定める損害額を賠償しなければならない。

2 利用者が自ら引き起こした事故については、市は一切賠償責任を負わない。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の日の前日までに、合併前の福光町新山村振興農林漁業対策事業管理棟及び宿泊棟設置条例(平成4年福光町条例第21号)、福光町新山村振興農林漁業対策事業オートキャンプ場設置条例(平成7年福光町条例第24号)、福光町林構レストラン設置条例(平成3年福光町条例第14号)、アローザ資料館設置条例(平成6年福光町条例第20号)、福光町林構体験交流センター設置条例(平成6年福光町条例第18号)又は福光町農業農村活性化農業構造改善事業交流促進施設設置条例(平成6年福光町条例第19号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行の際、合併前の条例の規定によりその管理に関する事務を委託している交流施設の管理については、平成18年9月1日(その日以前に第3条の規定により交流施設の管理を開始する場合は、当該管理を開始する日の前日)までの間は、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成17年9月20日条例第31号)

この条例は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成19年12月25日条例第50号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前のそれぞれの条例の規定により利用の許可を受けている者は、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成24年3月26日条例第12号)

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成26年3月24日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第28条、第38条及び第58条の規定を除く。)による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

附 則(平成28年9月15日条例第36号)

(施行期日)

1 この条例中第5条の改正規定は平成30年4月1日から、別表第2の改正規定は平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の別表第2の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る利用料金について適用し、同日前の利用に係る利用料金については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月20日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

附 則(令和2年12月25日条例第51号)

この条例は、令和3年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係) 交流施設の名称及び位置等

名称

位置

設置目的

南砺市イオックス・ヴァルト

南砺市才川七字荒山5番地

自然とのふれあいを求める人々に宿泊及び休養の場を提供し、地域住民との交流を通して地域の活性化を図るとともに、就業機会の確保により若者の定住を促進する。

南砺市イオックス・アローザオートキャンプ場

南砺市才川七地内

南砺市イオックス・アローザレストラン「ワイスホルン」

南砺市広谷字大コバ28番地

森林の有するレクリエーション的機能を活用して健全な余暇活動の場を提供するとともに、林業者等の就業機会の増大及び所得の向上を図る。

南砺市イオックス・アローザ資料館

南砺市才川七字ススケ原115番地

医王山の自然風土並びにスイス国アローザ村の文化及び風俗を紹介するとともに、地域住民の交流を促進する。

南砺市イオックス・アローザ交流センター

南砺市才川七字ススケ原115番地

林業者及び地域住民に交流活動及び余暇活動の場を提供し、林業及び森林に対する理解を促進する。

南砺市イオックス・アローザふれあいセンター

南砺市才川七荒山21番地

豊かな自然及び風土を活用しながら都市と農村の交流を促進し、地域の活性化を図る拠点とする。

南砺市白兀展望塔

南砺市香城寺白兀7番地

別表第2(第10条関係) 交流施設利用料金

(1) 南砺市イオックス・ヴァルト

区分

宿泊料金

休憩料金

夏期加算

7月及び8月

冬期加算

12月から3月まで

4人用1棟当たり

25,300円

7,260円

宿泊 1,760円

休憩 880円

宿泊 3,520円

休憩 1,760円

6人用1棟当たり

37,950円

10,890円

宿泊 1,760円

休憩 880円

宿泊 3,520円

休憩 1,760円

20人用1棟当たり

122,100円


宿泊 4,510円

宿泊 9,020円

備考 上記金額には、入湯税は含まない。

(2) 南砺市イオックス・アローザオートキャンプ場

区分

1泊

日帰り

A

モーターホーム専用サイト

(A/C電源30A、水道及び汚水排水接続可)

6,600円

2,200円

B

一般サイト

3,300円

1,100円

備考 上記金額には、炊事、シャワー及びトイレカーの利用料金を含み、用品レンタル料は含まない。

(3) 南砺市イオックス・アローザ交流センター

区分

利用料金

備考

多目的ホール

1,040円

1室1時間当たりの利用料金

会議室

210円

1室1時間当たりの利用料金

研修室

520円

1室1時間当たりの利用料金

交流・実習室

210円

1室1時間当たりの利用料金

備考 市内に居住する者は、無料とする。

(4) 南砺市イオックス・アローザふれあいセンター

区分

利用料金

備考

会議室

210円

1室1時間当たりの利用料金

研修室

520円

1室1時間当たりの利用料金

研修室和室

210円

1室1時間当たりの利用料金

備考 市内に居住する者は、無料とする。

南砺市イオックス・アローザ交流施設条例

平成16年11月1日 条例第187号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第3節
沿革情報
平成16年11月1日 条例第187号
平成17年9月20日 条例第31号
平成19年12月25日 条例第50号
平成24年3月26日 条例第12号
平成26年3月24日 条例第2号
平成28年9月15日 条例第36号
令和元年9月20日 条例第27号
令和2年12月25日 条例第51号