○南砺市西赤尾山村活性化施設条例

平成16年11月1日

条例第217号

(設置)

第1条 農林業体験の場の提供によって、山村地域の活性化及び農林業の振興並びに就業機会の拡大を図るため、南砺市西赤尾山村活性化施設(以下「施設」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 施設の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

広場等利用施設管理棟

南砺市西赤尾町字上野1767番地

生産物直売・食材供給施設「どんぐりの館」

南砺市西赤尾町字上野1885番地

長期滞在型宿泊施設「ふれあいハウス」

南砺市西赤尾町字上野1766番地

タカンボースキー場公衆便所

南砺市西赤尾町字上野

タカンボースキー場第1駐車場

南砺市西赤尾町字上野

タカンボースキー場第1ゲレンデ

南砺市西赤尾町字上野

タカンボースキー場第2ゲレンデ

南砺市西赤尾町字上野

タカンボースキー場第3ゲレンデ

南砺市西赤尾町字上野

(指定管理者による管理)

第3条 施設の管理は、法人その他の団体であって、市長が指定するもの(以下「指定管理者」という。)にこれを行わせる。

(指定管理者が行う業務)

第4条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 施設の利用の許可に関する業務

(2) 施設及びその設備の維持管理に関する業務

(3) 前2号に掲げるもののほか、施設の運営に関する事務のうち、市長のみの権限に属する事務を除く業務

(指定管理者の管理の期間)

第5条 指定管理者が施設の管理を行う期間は、指定を受けた日に属する年度の翌年度の4月1日(当該指定を受けた日が4月1日である場合は、当該日)から起算して5年の間とする。ただし、再指定を妨げない。

(利用の許可)

第6条 施設のうち、特に必要と認められる場合は、あらかじめ指定管理者の許可を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の許可をする場合は、管理上必要な条件を付すことができる。

(利用の制限)

第7条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、その許可を取り消し、又はその利用を許可しないことができる。

(1) 公益若しくは公安を害し、著しく風俗を乱し、又は公衆衛生上好ましくないと認めるとき。

(2) 施設、附属設備及び器具等を損傷するおそれがあると認めるとき。

(利用料金)

第8条 利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)は、指定管理者に利用料金を納めなければならない。

2 利用料金は、別表に定める範囲内において、指定管理者が市長の承認を受けて定める。

3 利用料金は、指定管理者の収入として収受させるものとする。

(利用料金の減免)

第9条 指定管理者は、市長の承認を受けて定めた基準により、利用料金を減額し、又は免除することができる。

(利用権の譲渡等の禁止)

第10条 利用者は、利用の権利を他人に譲渡し、又は転貸してはならない。

(特別の設備)

第11条 利用者は、施設に特別の設備をし、又は変更を加えようとするときは、あらかじめ、市長の承認を受けなければならない。

(原状回復)

第12条 利用者は、その利用を終了したときは、直ちに施設を原状に回復しなければならない。

(損害賠償)

第13条 利用者は、施設又はその設備等を損傷し、又は滅失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(委任)

第14条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行日の前日までに、合併前の上平村山村活性化施設設置条例(平成8年条例第5号)又は上平村西赤尾給水施設の設置及び管理に関する条例(昭和62年条例第37号)(以下これらを「合併前の条例」という。)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、それぞれこの条例の相当規定によりなされたものとみなす。

3 この条例の施行の際、合併前の条例の規定によりその管理に関する事務を委託している施設については、平成18年9月1日(その日以前に第3条の規定により施設の管理を開始する場合は、当該管理を開始する日の前日)までの間は、なお合併前の条例の例による。

附 則(平成17年9月20日条例第31号)

この条例は、公布の日から施行し、平成17年4月1日から適用する。

附 則(平成19年12月25日条例第50号)

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例の施行の際現にこの条例による改正前のそれぞれの条例の規定により利用の許可を受けている者は、この条例による改正後のそれぞれの条例の規定にかかわらず、なお従前の例による。

附 則(平成24年3月26日条例第15号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第28条、第38条及び第58条の規定を除く。)による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

附 則(平成28年9月15日条例第42号)

(施行期日)

1 この条例中第5条の改正規定は平成30年4月1日から、別表の改正規定は平成29年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の別表の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る利用料金について適用し、同日前の利用に係る利用料金については、なお従前の例による。

附 則(令和元年9月20日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

別表(第8条関係)

1 広場等利用施設管理棟利用料金

名称

位置

面積

基本利用料

追加利用料

貸切料

昼間

夜間

昼間

夜間

会議室

2階

34m2

1,070円

1,620円

220円

440円

2,700円

1 基本利用料は、4時間までとする。

2 追加利用料は、超過時間1時間ごとに加算する。

3 貸切料は、貸切申込みによる2日間以上にわたり、引き続き利用する場合に適用する。

4 暖房を利用する場合は、利用料の100分の30を加算する。

5 営利を目的としたもの又は市外在住者の利用料は、その100分の100を加算する。

2 長期滞在型宿泊施設(ふれあいハウス)利用料金

(宿泊)

区分

単位

利用料金

一般宿泊

1人 1日

5,090円

団体(15人以上)宿泊

1人 1日

4,070円

暖房料

1日

2,030円

(休憩)

区分

単位

利用料金

休憩(宿泊者以外)

1人

1,010円

暖房料

1時間

500円

南砺市西赤尾山村活性化施設条例

平成16年11月1日 条例第217号

(令和元年10月1日施行)