○南砺市シルバーハウジング管理要綱

平成16年11月1日

告示第144号

(目的)

第1条 この要綱は、シルバーハウジング・プロジェクト事業計画に基づき設置するシルバーハウジングの管理に関し必要な事項を定め、この住宅に居住する高齢者等の居住の安定と福祉の向上を図ることを目的とする。

(設置)

第2条 日常生活上自立可能な高齢者等が、安全かつ快適な生活を営むことができるようシルバーハウジングを設置する。

2 シルバーハウジングの名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

間取

戸数

位置

栄町住宅

2DK

10戸

南砺市井波962番地2

遊部住宅のぞみ

2DK

10戸

南砺市遊部780番地2

(募集)

第3条 募集は、現に公営住宅に入居している者若しくはその同居者が加齢、病気等によって日常生活に身体の機能上の制限を受ける者となったことにより、特定の者をシルバーハウジングに入居させる場合を除くほか、公募により行うものとする。

2 公募は、南砺市営住宅条例(平成16年南砺市条例第244号。以下「条例」という。)第4条に規定する方法により行うものとする。

(入居対象者)

第4条 シルバーハウジングの入居者は、条例第6条の入居資格を有するほか、第1号に掲げる者を対象とするものとする。ただし、市長が住宅事情をかんがみ特に必要と認めたときは、第2号に掲げる者も対象とすることができる。

(1) 高齢者(60歳以上の者をいう。以下同じ。)の単身世帯、高齢者のみからなる世帯又は高齢者夫婦世帯(夫婦の双方又はいずれかが60歳以上の世帯をいう。)であって、住宅困窮度が高く、家族による援助が困難であると認められる者(以下「高齢者世帯」という。)

(2) 障害者(公営住宅法施行令(昭和26年政令第240号)第6条第1項第2号から第4号に掲げる者又は同条第4項第1号に規定する程度の障害がある者をいう。以下同じ。)の単身世帯、障害者のみからなる世帯、障害者とその配偶者のみからなる世帯又は障害者と高齢者若しくは高齢者夫婦世帯であって、住宅困窮度が高く、家族による援助が困難であると認められる者(以下「障害者世帯」という。)

(入居申込み)

第5条 シルバーハウジングに入居しようとする者は、入居申込みの際、条例で定めるもののほか、日常生活状況申立書(別記様式)を提出するものとする。

(入居者資格の確認及び選考方法)

第6条 市長は、シルバーハウジングに入居しようとする者の入居申込みを受け付けたときは、当該希望者が入居対象者の要件に合致するか否かについて地域包括支援センターの意見を聴き、入居者を選考し、決定するものとする。

2 市長は、前項の規定により選考した者の数が入居させるべきシルバーハウジングの戸数を超えた場合において住宅困窮順位を定め難い者については、当該選考した者から抽選を行い入居者を決定するものとする。

3 シルバーハウジングの募集に併せシルバーハウジング以外の市営住宅の募集を行った場合において、入居対象者の要件に合致しないと判定された者があるときは、市長は、その者をシルバーハウジング以外の市営住宅の選考に加えることができる。

4 市長は、シルバーハウジングに入居を許可するときは、入居可能日、入居者氏名、家族構成その他必要な事項について通知するものとする。

(入居後の身体状況若しくは家族構成の変化したときの措置等)

第7条 市長は、入居者の入居後の身体状況の変化若しくは家族構成の変化などにより、入居が困難になったと認められるときは、その者に必要な措置を講じるものとする。

2 入居許可時における世帯構成者以外の同居は、入居者若しくは同居者が介護を要する状況になった場合、その他特別の事情がある場合を除き、原則として認めないものとする。

3 市長は、入居後の身体状況の変化若しくは家族構成の変化などにより、第4条の入居資格に適合しなくなったときは、当該入居者に対し、当該住宅を明け渡すよう指導するものとする。この場合において、市長は、当該入居者が条例第6条に規定する入居者資格を有するときは、シルバーハウジング以外の市営住宅のあっせんを行うものとする。

第8条 シルバーハウジングに入居している高齢者等は、南砺市シルバーハウジング生活援助員派遣事業実施要綱(平成16年南砺市告示第80号。以下「派遣事業実施要綱」という。)第7条の規定により派遣された生活援助員から、同要綱第6条の規定によるサービスの提供を受けることができるものとする。

(生活援助員派遣費用負担)

第9条 前条のサービスの提供を受けた者は、生活援助員の派遣費用として、派遣事業実施要綱第9条に規定する費用を負担しなければならない。

(緊急通報システム装置の設置)

第10条 シルバーハウジングに関係機関に通報できる緊急通報システム装置を設置する。

(生活相談・団らん室の設置)

第11条 シルバーハウジングに生活相談・団らん室を併設する。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年11月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の井波町シルバーハウジング管理要綱(平成15年井波町要綱第21号)の規定によりなされた手続その他の行為は、この告示の相当規定によりなされたものとみなす。

附 則(平成24年8月2日告示第175号)

この告示は、平成24年9月1日から施行する。

画像

南砺市シルバーハウジング管理要綱

平成16年11月1日 告示第144号

(平成24年9月1日施行)