○南砺市小谷川森林公園条例

平成17年3月30日

条例第7号

(設置)

第1条 林業の振興及び森林の持つ公益的機能の向上を図るとともに、市民の休養及び都市との交流の増進を図るため森林総合利用の拠点として、小谷川森林公園を設置する。

(名称及び位置)

第2条 小谷川森林公園の名称及び位置は、次のとおりとする。

(1) 名称 南砺市小谷川森林公園

(2) 位置 南砺市下出字経塚田32番地

(利用の期間)

第3条 南砺市小谷川森林公園(以下「森林公園」という。)の施設を利用できる期間は、4月29日から10月31日までとする。ただし、市長が必要と認めるときは、開所期間を変更し、又は休所することができる。

(利用の許可)

第4条 森林公園を利用しようとする者は、あらかじめ、市長の許可を受けなければならない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、許可しない。

(1) 公益若しくは公安を害し、又は風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 建物、附属施設、器具等を損傷するおそれがあると認めるとき。

(3) 管理上支障があると認めるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長において適当でないと認めるとき。

(利用者の遵守事項)

第5条 森林公園を利用しようとする者は、次に掲げる事項を守らなければならない。ただし、市長の許可を受けた場合は、この限りでない。

(1) 利用目的以外に利用しないこと。

(2) 原状を変更しないこと。

(3) 利用する権利を他に譲渡しないこと。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が指示した事項

(利用の停止等)

第6条 市長は、利用者が前条の規定に違反したときは、森林公園の利用を停止し、又は第4条に規定する利用の許可を取り消すことができる。

(行為の制限)

第7条 利用施設内において物品の販売その他これらに類する行為をしようとする者は、市長の許可を受けなければならない。

(使用料)

第8条 森林公園の使用料は、徴収しないものとする。ただし、市長が特別の事由があると認めたときは、この限りでない。

(原状回復)

第9条 利用者は、森林公園の利用後、速やかに整理、整頓し、及び清掃して原状に回復する義務を負うものとする。

2 前項の原状に回復する義務は、利用者が第6条の規定により利用の許可を取り消されたときも同様とする。

3 利用者が前2項の義務を履行しないときは、市長において執行し、その費用を利用者から徴収する。

(賠償責任)

第10条 森林公園の利用中に、建物附属設備器具等を損傷し、又は滅失したときは、利用者は損害額を賠償しなければならない。

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成17年4月1日から施行する。

南砺市小谷川森林公園条例

平成17年3月30日 条例第7号

(平成17年4月1日施行)