○南砺市中学生国際交流事業補助金交付要綱

平成17年4月1日

告示第42号

(趣旨)

第1条 この告示は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、中学生が国際交流事業を通じて国際感覚を養成するために実施する国際交流事業(以下「事業」という。)の補助金交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、事業を実施する実行委員会又は推進協議会等(以下「実行委員会等」という。)に対し、予算の範囲内で補助金を交付するものとする。

(補助率等)

第3条 補助金の補助率は、別表の補助対象経費を基準とし、次の各号により算定した金額を限度とする。

(1) 参加生徒に対する補助率は、補助対象経費の3分の1以内とする。

(2) 引率する団長及び随員各1人に対する補助率は、補助対象経費の3分の2以内とする。

(3) 引率する教員に対する補助率は、2人を限度として補助対象経費の全額を助成する。

(事業の参加者)

第4条 事業の参加者は、市内の中学生徒及び実行委員会等が適当と認めた者とする。

(その他)

第5条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この告示は、平成17年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

1 補助対象経費

項目

内容

備考

募集経費

募集チラシの印刷

説明会の会場使用料及び消耗品

 

儀礼経費

訪問先との通信費及び訪問申請にかかる書簡その他

結団式、壮行式及び解団式

 

研修費用

事前研修にかかる通信運搬費、謝礼、会場使用料、事務用品、資料、団体名刺及び交流会費(食糧費・宿泊費を除く。)その他

事後研修にかかる上記費用

報告書については簡易なもので、華美なものは対象外とする。

事後研修は1回のみとする。

渡航費用

バスの借り上げ等国内交通費(車両借上げ実費を含む。)、海外交通・滞在費(ホームステイを含む。)、現地研修費(入館料、会場使用料、交流会、ガイド料を含む。)及び旅行保険(団体障害保険)

交流会については、生徒であることの節度ある範囲

その他

通信費、訪問先土産品代、写真、ビデオテープ等

土産品は3万円(税込)以内

2 補助対象外経費

渡航準備費用

個人の旅行傷害保険、パスポート取得費、ユニホーム代等

 

研修費用

食糧費及び宿泊費(寝具借料を含む。)

 

その他

個人で使う備品、土産品及び個人に帰属する写真代等

団体として記録する写真代を除く。

南砺市中学生国際交流事業補助金交付要綱

平成17年4月1日 告示第42号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成17年4月1日 告示第42号