○南砺市障害児わくわく子育て支援事業実施要綱

平成18年6月30日

告示第137号

(目的)

第1条 この要綱は、障害児の放課後、土曜日及び長期休暇中における遊びや生活の場を設け、もって障害児の主体性や社会性を育成するとともに、障害児の保護者の子育て支援及び介護負担を軽減することを目的とする。

(実施主体)

第2条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、適切な事業運営ができると認められる団体(以下「事業受託者」という。)に委託することができる。

(対象者)

第3条 この事業を利用できる者(以下「利用者」という。)は、市に住所を有する者で、次のいずれかに該当するものとする。

(1) 県内の特別支援学校に在籍する児童及び生徒

(2) 小学校又は中学校の特別支援学級に在籍する児童及び生徒

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者

(運営方法)

第4条 この事業の運営方法は、次のとおりとする。

(1) 利用者は、事前に障害児わくわく子育て支援事業利用申請書(別記様式)を市長に提出し、利用の登録をしなければならない。

(2) 定員は、おおむね50人以内とする。

(3) 実施日数は、年間200日以上とする。

(実施場所)

第5条 この事業の実施場所は、県立となみ総合支援学校及び城端福祉作業所とする。

(利用時間及び休業日)

第6条 この事業の利用時間は、学校放課後、午後6時までとする。ただし、土曜日及び長期休暇中にあっては、午前9時から午後4時50分までとする。

2 事業の休業日は、日曜日及び国民の休日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日とする。

(指導員)

第7条 利用者の指導を行うために、指導員を設置するものとする。

2 指導員は、保育士、児童指導員、看護師、特別支援学校教諭等の資格を有する者又は障害児の指導に知識を有すると認められる者とする。

(委託契約)

第8条 この事業の実施にあたり、事業受託者は、指定する期日までに事業収支予算書及び事業実施計画書を作成し、市長に申請しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、事業受託者と委託契約を締結するものとする。

3 事業受託者は、事業実施計画書等に基づき事業を実施しなければならない。ただし、市長が必要と認めるときは、事業計画書等を変更し実施することができる。

(委託料)

第9条 市長は、事業受託者に対して委託契約に基づく委託料を支払うものとする。

(事業の実績報告等)

第10条 事業受託者は、事業終了日から起算して30日以内に事業収支決算書及び事業実施報告書を、市長に提出するものとする。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(読替規定)

2 この告示の施行の日から平成19年3月31日までの間、第3条中「特別支援学校」とあるのは「盲学校、ろう学校又は養護学校」と、第7条第2項中「特別支援学校教諭等」とあるのは「養護学校教諭等」と読み替えるものとする。

附 則(平成19年11月30日告示第138号)

この告示は、公表の日から施行し、改正後の南砺市障害児わくわく子育て支援事業実施要綱の規定は、平成19年4月1日から適用する。

附 則(平成25年7月4日告示第105号)

この告示は、公表の日から施行する。

画像

南砺市障害児わくわく子育て支援事業実施要綱

平成18年6月30日 告示第137号

(平成25年7月4日施行)