○南砺市駐車場条例

平成20年3月26日

条例第2号

(設置)

第1条 市街地及び公共交通への利便性を図るため南砺市駐車場(以下「駐車場」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 駐車場の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

城端駅前駐車場

南砺市是安字上島206番地26他

城端駅北駐車場

南砺市是安字上島213番地1他

西新田駐車場

南砺市西新田2939番地4他

福光駅前駐車場

南砺市荒木5333番地3他

下吉江駐車場

南砺市下吉江155番地2他

福野駅前駐車場

南砺市松原新680番地1他

高儀駅前駐車場

南砺市川除新890番地3他

井波交通広場

南砺市山見956番地1他

井波物産展示館横駐車場

南砺市井波字中山114番地4他

(駐車できる自動車)

第3条 駐車場に駐車できる自動車の種類は、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)第3条に規定する普通自動車とする。

2 西新田駐車場及び井波交通広場においては、前項に規定する普通自動車のほかに、法第3条に規定する大型自動車、中型自動車及び準中型自動車を駐車することができる。

(供用時間)

第4条 駐車場の供用時間は、終日とする。

(駐車料金)

第5条 駐車場の利用料金(以下「駐車料金」という。)は、無料とする。ただし、井波交通広場において、午前8時30分から午後4時30分までの時間内に入場し、駐車する場合(タクシー事業者の乗降を目的とした利用は、除く。)には、自動車を駐車する者から別表第1に掲げる駐車料金を徴収する。

2 駐車料金は、自動車を入場させるときに徴収する。

(駐車料金の不徴収)

第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当する自動車を駐車させる場合においては、駐車料金を徴収しない。

(1) 法第39条第1項に規定する緊急自動車

(2) 駐車場の付近において、国又は地方公共団体の職員が防疫活動その他緊急を要する公務を行うため使用する自動車

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が特別の理由があると認める自動車

(駐車の拒否)

第7条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合においては、駐車を拒否することができる。

(1) 駐車場の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(2) 発火性又は引火性の物品その他の危険物を積載しているとき。

(3) 前2号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障があると認めるとき。

(禁止行為)

第8条 駐車しようとする者(以下「利用者」という。)は、駐車場において次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 他の自動車の駐車を妨げること。

(2) 騒音等、周囲の住民に悪影響を与えること。

(3) 駐車場の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失すること。

(4) 貼紙、貼札その他の広告物を表示すること。

(5) 指定された場所以外の場所に駐車すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、駐車場の管理に支障を及ぼすおそれがあること。

(供用の休止)

第9条 市長は、駐車場の改築、補修その他管理上の理由により必要があると認めるときは、駐車場の全部又は一部の供用を休止することができる。

(損害賠償の義務)

第10条 利用者は、駐車場の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、その損害を賠償しなければならない。

2 利用者が第三者に損害を及ぼしたときは、その責めを負わなければならない。

3 市は、駐車中の自動車又は積載物について、天災、地変その他市の責めに帰さない理由によって生じた損害については、その責めを負わない。

(使用の許可)

第11条 次の各号に掲げる目的で駐車場を使用しようとする者は、あらかじめ市長の許可を受けなければならない。使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)が許可を受けた事項の内容を変更しようとするときも、同様とする。

(1) 物品を販売し、又は頒布すること。

(2) 集金、署名運動その他これらに類する行為をすること。

(3) 業として写真又は映画の撮影その他これらに類する行為をすること。

(4) 興業を行うこと。

(5) 競技会、集会、展示会その他これらに類する催しのために、駐車場の全部又は一部を独占して利用すること。

2 市長は、使用の許可に際して、管理上必要な条件を付することができる。

3 第1項の許可を受けようとする者は、次に掲げる事項を記載した申請書を市長に提出しなければならない。

(1) 使用目的

(2) 使用期間

(3) 使用する駐車場及び使用場所

(4) 使用目的の詳細内容

(5) 前各号に掲げるもののほか、市長が必要と認める事項

(使用の制限)

第12条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を許可しないものとする。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあると認めるとき。

(2) 駐車場の施設又は附属設備を損傷し、又は滅失するおそれがあると認めるとき。

(3) 駐車場の施設の設置目的に反し、管理運営上不適当であると認めるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、駐車場の管理上特に支障があると認めるとき。

(使用権の譲渡等の禁止)

第13条 使用者は、使用目的以外のことに使用し、又は使用権を他人に譲渡し、若しくは転貸してはならない。

(使用許可の変更及び取消し)

第14条 駐車場の使用に際し、次の各号のいずれかに該当するときは、市長は、使用の許可の条件を変更し、若しくは使用を停止し、又は使用の許可を取り消すことができる。この場合において、使用者に損害を生じても市は、その責めを負わない。

(1) この条例の規定に違反したとき。

(2) 使用の許可の条件に違反したとき。

(3) 虚偽の申請により使用の許可を受けたとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が管理上特に支障があると認めるとき。

(使用料)

第15条 井波交通広場の使用者は、別表第2に定める使用料を納めなければならない。

(使用料の減免)

第16条 市長は、特に必要があると認めるときは、使用料を減額し、又は免除することができる。

(使用料の不還付)

第17条 既に納付した使用料は、還付しない。ただし、次の各号のいずれかに該当するときは、使用料の全部又は一部を還付することができる。

(1) 使用者の責めによらない理由で使用できなくなったとき。

(2) 使用者が使用の取消しを申し出た場合において、市長が相当の理由があると認めるとき。

(原状回復)

第18条 使用者は、駐車場の使用が終わったときは、直ちに整理及び清掃をし、一切を原状に回復して係員の点検を受けなければならない。

2 前項の原状回復は、使用者が第14条の規定により使用の許可を取り消されたときも、同様とする。

(損害賠償)

第19条 使用者は、施設又は附属設備を損傷し、又は滅失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、その額を減額し、又は免除することができる。

(委任)

第20条 この条例の施行に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成20年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 第5条及び第15条に規定する駐車料金及び使用料は、平成20年6月1日から徴収する。

附 則(平成22年3月24日条例第17号)

この条例は、公布の日から施行する。ただし、第2条の表の改正規定中「

高儀駅前駐車場

南砺市川除新890番地3他

松原新駐車場

南砺市松原新160番地他

」を「

高儀駅前駐車場

南砺市川除新890番地3他

」に改める部分は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月26日条例第20号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成26年3月24日条例第2号)

(施行期日)

1 この条例は、平成26年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例(第28条、第38条及び第58条の規定を除く。)による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

附 則(平成28年12月22日条例第59号)

この条例は、平成29年3月12日から施行する。ただし、第7条、第8条、第10条及び第19条の改正規定は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年9月20日条例第27号)

(施行期日)

1 この条例は、令和元年10月1日から施行する。

(経過措置)

2 この条例による改正後の各条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用等に係る利用料金等について適用し、同日前の利用等に係る利用料金等については、なお従前の例による。

別表第1(第5条関係)

車種

駐車料金(1回につき)

普通自動車

210円

準中型自動車及び中型自動車(11人以上30人未満)

1,040円

大型自動車(30人以上)

2,090円

別表第2(第15条関係)

区分

使用料(1日につき)

全面

52,380円

半面

26,190円

南砺市駐車場条例

平成20年3月26日 条例第2号

(令和元年10月1日施行)