○南砺市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

平成21年3月17日

告示第41号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、住宅用太陽光発電システム設置補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「発電システム」とは、住宅の屋根等に設置した太陽光により発電するシステムをいう。

(補助金の交付)

第3条 市長は、市内における太陽光を利用したクリーンエネルギーの導入を促進するため、発電システムの設置に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助対象者等)

第4条 補助の対象となる者は、自ら居住する市内の住宅に発電容量が2キロワット以上の太陽光発電システム(未使用に限る)を設置し、電力会社と系統連係に関する契約を締結した者で、市税を完納している者とする。ただし、同一住宅に対する補助は、1回限りとする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、1件あたり5万円とする。

(交付申請書の添付書類等)

第6条 補助金の交付を申請する者は、住宅用太陽光発電システム設置補助金交付申請書(別記様式)に次に掲げる書類を添付して、電力会社との系統連係を開始した年度末までに市長に提出しなければならない。ただし、当該年度内に申請できなかった場合に限り、その理由を付して翌年度の6月30日までに申請することができるものとする。

(1) 設置した発電システムの概要を記載した書類

(2) 発電システム設置に係る契約書及び領収書の写し

(3) 電力会社との系統連係及び電力受給に関する契約確認書の写し

(4) 低圧系統連系技術要件確認書の写し

(5) 受給開始日を記載した書類の写し

(6) 発電システムの設置場所を示した位置図

(7) 市税の完納証明書

(8) 発電システムの設置後の状況を示す写真

(報告)

第7条 市長は、必要があると認めるときは、発電システムを設置した年度の翌年度以後2年間に限り補助金の交付を受けた者に対し、発電システムの設置状況等に係る報告を求めることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成21年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和3年3月31日限り、その効力を失う。ただし、この告示の失効前に交付決定した者に対するこの告示の規定の適用については、なおその効力を有する。

附 則(平成31年3月29日告示第88号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日告示第109号)

この告示は、公表の日から施行する。ただし、第6条の改正規定は、令和2年4月1日から施行する。

画像

南砺市住宅用太陽光発電システム設置補助金交付要綱

平成21年3月17日 告示第41号

(令和2年4月1日施行)