○南砺市鳥獣害防止対策推進事業分担金徴収条例施行規則

平成21年3月25日

規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市鳥獣害防止対策推進事業分担金徴収条例(平成21年南砺市条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(地域協議会)

第2条 条例第3条第1号に規定する地域協議会は、団体として独立した会計口座を有していなければならない。

(分担金の額)

第3条 条例第4条に規定する分担金の額は、事業に要する経費に30パーセント以内で市長が定める率を乗じて得た額とする。

(分担金の決定通知等)

第4条 市長は、条例第5条の規定により分担金の額を決定したときは、分担金決定通知書(様式第1号)により、条例第3条に規定する受益者(以下「受益者」という。)に通知するものとする。

2 市長は、前項の規定により通知をした後において分担金の額を変更したときは、分担金変更通知書(様式第2号)により、受益者に通知するものとする。

(分担金の徴収猶予)

第5条 条例第6条の規定により分担金の徴収の猶予を受けようとする者は、分担金徴収猶予申請書(様式第3号)に市長が必要と認める書類を添えて、市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の申請書を受理したときは、その可否を決定し、分担金徴収猶予決定通知書(様式第4号)により、通知するものとする。

3 市長は、前項において徴収を猶予する事由が消滅したときは、猶予を取り消し、分担金を徴収することができる。この場合において、市長は、分担金徴収猶予取消通知書(様式第5号)により、通知するものとする。

(その他)

第6条 この規則に定めるもののほか、分担金の徴収に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成27年3月23日規則第17号)

(施行期日)

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

(適用区分)

2 この規則による改正後の第3条の規定は、この規則の施行の日以後の鳥獣害防止対策推進事業に係る分担金の徴収について適用し、この規則の施行の日前の鳥獣害防止対策推進事業に係る分担金の徴収については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月25日規則第29号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月23日規則第12号)

(施行期日)

1 この規則は、令和3年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規則の施行の際現に存するこの規則による改正前の規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市鳥獣害防止対策推進事業分担金徴収条例施行規則

平成21年3月25日 規則第20号

(令和3年4月1日施行)