○南砺市集落支援員設置要綱

平成21年6月26日

告示第113号

(設置)

第1条 市が行う集落支援事業の推進に資するため、南砺市集落支援員(以下「支援員」という。)を設置する。

(区域の設定)

第2条 市長は、人口、世帯数等の社会的条件及び自然環境、地形等の地理的条件等の集落状況を考慮し、支援員が担当する区域を設定する。

(任務)

第3条 支援員の担当する区域における任務は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) 集落点検の実施に関すること。

(2) 集落のあり方についての話し合いに関すること。

(3) 地域の実情に応じた集落の維持及び活性化対策に関すること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、集落支援事業の推進に関すること。

(委嘱)

第4条 支援員は、学識経験を有する者、地域の実情に精通した者、地域づくりへの関心の高い者等の中から市長が委嘱する。

2 委嘱書は、様式第1号による。

(任期)

第5条 支援員の任期は1年とする。ただし、再任は妨げない。

(服務)

第6条 支援員は、常に誠意をもって任務に当たり、その活動を通じて知り得た秘密を他に漏らしてはならない。

2 支援員は、集落支援の施策等の知識を深めるために自己研鑽に努めなければならない。

(報告)

第7条 支援員は、自らの支援活動の状況を明らかにした集落支援活動記録簿(様式第2号)を備え、集落支援活動報告書(様式第3号)を別に定める期限までに市長に提出しなければならない。

(集落支援専門委員会)

第8条 市長は、支援員の集落支援意識の高揚を図り、及び集落支援事業を円滑に推進するため、集落支援専門委員会(以下「専門委員会」という。)を設ける。

2 専門委員会は、支援員、学識経験を有する者、アドバイザー等で構成し、実効性のある支援策の立案及び実施に向けた助言を行うものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、支援員に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成21年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

南砺市集落支援員設置要綱

平成21年6月26日 告示第113号

(平成21年7月1日施行)