○南砺市被災児童生徒就学支援事業実施要綱

平成23年5月10日

告示第89号

(趣旨)

第1条 この要綱は、東日本大震災で被災した児童生徒の就学の機会を確保するため、その保護者に対し援助を行うことについて、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この要綱において、「東日本大震災」とは、東日本大震災に対処するための特別の財政援助及び助成に関する法律(平成23年法律第40号)第2条第1項に規定する災害で、同法第2条第2項及び第3項の市町村を定める政令(平成23年政令127号)第2条第1項及び第2項に規定する区域での災害とする。

(対象者)

第3条 援助を受けることができる者は、東日本大震災により被災し、就学困難な状況にあると市長が認める市内の小学校、中学校又は義務教育学校に在籍する児童又は生徒の保護者とする。

(援助費目)

第4条 援助費の種類は、次に掲げるとおりとする。

(1) 学用品費

(2) 通学用品費(第1学年を除く。)

(3) 校外活動費

(4) 新入学児童生徒学用品費(第1学年のみ)

(5) 修学旅行費

(6) クラブ活動費

(7) 生徒会費

(8) PTA会費

(9) 学校給食費

(申請)

第5条 援助を受けようとする保護者(以下「申請者」という。)は、就学援助費支給申請書(別記様式)第3条の対象者に該当する者であることを証する書類を添えて、学校長を経由して市長に申請しなければならない。

(審査及び通知)

第6条 市長は、前条による申請書を受理したときは、直ちにその内容を審査のうえ、援助費の支給の要否及び額を決定し、学校長を経由して申請者に通知する。

2 市長は、前項の審査を行うに当たり必要があると認めるときは、申請者に対し、必要な書類の提出を求めることができる。

(支給方法)

第7条 市長は、前条第1項の規定により援助費の支給を決定したときは、原則として申請者が指定する金融機関の口座に、市が指定する金融機関を通じ、口座振替の方法により援助費を支給するものとする。ただし、支給の決定時において、申請者が学校に対する債務の不履行があると市長が認めるときは、申請者が援助費の受領に関する一切の権限を学校長に委任する旨の承諾書を提出した場合に限り、学校長は、当該申請者に代わり当該援助費を受領することができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行し、平成23年4月1日から適用する。

附 則(令和3年3月26日告示第91号)

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

画像

南砺市被災児童生徒就学支援事業実施要綱

平成23年5月10日 告示第89号

(令和3年4月1日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
平成23年5月10日 告示第89号
令和3年3月26日 告示第91号