○南砺市生活基盤整備事業補助金交付要綱

平成24年3月23日

告示第83号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、生活基盤整備事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定める。

(補助金の交付)

第2条 市長は、地域の環境整備の向上に資するため、自治会、町内会等の住民自治組織が行う生活基盤整備事業に要する経費に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(交付の対象事業、補助率等)

第3条 補助金交付の対象となる事業及び補助率は、次の表のとおりとする。

補助対象事業

補助対象経費の内訳

補助率

備考

法定外公共物の道路又は水路の整備

工事費、原材料費及びその他市長が整備に要すると認める経費

補助対象経費の40%以内とし、40万円を上限とする。


法定外公共物に準ずると市長が認める公共性の高い道路又は水路の整備

(補助金の交付申請)

第4条 補助金の交付を受けようとする住民自治組織(以下「申請者」という。)は、生活基盤整備事業補助金交付申請書(様式第1号)に次の書類を添えて市長に申請をしなければならない。ただし、同一の年度における同一の申請者の申請は、1回限りとする。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定)

第5条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、補助金を交付すべきと認めたときは、生活基盤整備事業補助金決定通知書(様式第2号)により申請者に通知する。

(変更等の承認申請)

第6条 申請者は、当該補助の内容を変更し、又は廃止しようとするときは、生活基盤整備事業補助金変更(廃止)承認申請書(様式第3号)を市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(実績報告)

第7条 第5条の規定により補助金の交付決定の通知を受けた者(以下「補助事業者」という。)は、当該事業が完了したときは、速やかに生活基盤整備事業実績報告書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(補助金の額の確定)

第8条 市長は、前条の規定により実績報告書の提出があったときは、速やかにこれを審査し、補助金の額を確定し、補助事業者に生活基盤整備事業補助金確定通知書(様式第5号)を交付して通知するものとする。

(補助金の交付)

第9条 補助金の支払交付は、補助事業者が当該補助事業を完了した後に生活基盤整備事業補助金請求書(様式第6号)により行うものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(令和3年4月1日告示第123号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に存するこの告示による改正前の告示に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市生活基盤整備事業補助金交付要綱

平成24年3月23日 告示第83号

(令和3年4月1日施行)