○城端線で南砺市においでなはれ事業補助金交付要綱

平成24年3月26日

告示第94号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、城端線(西日本旅客鉄道株式会社城端線をいう。以下同じ。)で南砺市においでなはれ事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、城端線の利用促進及び支援を行うため、市で開催されるイベント(以下「イベント」という。)の主催者が実施する城端線利用促進事業に要する経費に対し、予算の範囲内において、補助金を交付するものとする。

(補助対象団体等)

第3条 補助金の交付の対象となる団体は、市内で開催するイベントの主催者等(実行委員会も含む。)とする。

2 複数の団体が共同で同一の事業を実施する場合は、これらの団体は、同一の団体とみなす。

(補助対象事業)

第4条 補助金の交付対象となる事業は、城端線の利用促進を図る目的で城端線の利用者を対象として特典を与える事業とする。

(補助対象経費等)

第5条 補助金の交付の対象経費及びこれに対する補助率等は、別表のとおりとする。

(補助金の申請)

第6条 補助金の交付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、事業着手日前30日までに、城端線で南砺市においでなはれ事業補助金交付申請書(様式第1号)を、市長に提出しなければならない。

(実績報告)

第7条 規則第5条第3項の規定により補助金の交付決定を受けた申請者(以下「補助事業者」という。)は、当該補助事業が完了したときは、当該完了日から起算して15日以内に城端線で南砺市においでなはれ事業実績報告書(様式第2号)に必要な書類を添付して市長に提出しなければならない。

(補助金の交付)

第8条 規則第14条に規定する補助金の交付は、城端線で南砺市においでなはれ事業補助金請求書(様式第3号)による。

(交付決定の取消)

第9条 市長は、補助事業者が次の各号のいずれかに該当すると認めるときは、補助金の交付決定を取り消すことができる。

(1) 虚偽の申請その他不正な手段により補助金の交付を受けたとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が相当の理由があると認めるとき。

(補助金の返還)

第10条 市長は前条の規定により補助金の交付を取り消したときは、既に支払った補助金の全部又は一部について、期限を定めて当該補助事業者に対し、その返還を請求するものとする。

2 市長は、前項の規定により補助金の返還請求をするときは、城端線で南砺市においでなはれ事業補助金返還請求書(様式第4号)により行う。

3 前項の規定により補助金の返還の請求を受けた補助事業者は、当該補助金を市長が定める期限までに返還しなければならない。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成24年4月1日から施行する。

別表(第5条関係)

補助対象経費

内容

補助率

報償費

城端線利用者に特典を与えるもの

(イベント会場内で利用できるクーポン券、入場料の一部の負担、城端線利用者に配布する土産代等)

補助対象経費の10分の10以内とし、150,000円を限度とする。この場合において、1,000円未満の端数があるときは、これを切り捨てる。

賃金

クーポン券等の配布等に必要な人件費

印刷製本費

事業の実施に必要な印刷代

(クーポン券等の印刷、協力店舗表示に関するシール等の作成費等)

その他

市長が特に必要と認める経費

画像画像画像

画像画像画像

画像

画像

城端線で南砺市においでなはれ事業補助金交付要綱

平成24年3月26日 告示第94号

(平成24年4月1日施行)