○南砺市成婚者祝い金交付要綱

平成24年6月7日

告示第153号

(目的)

第1条 この要綱は、南砺市の未婚化、晩婚化、少子化、人口減少等の現状を鑑み、これらの改善及び若者の定住化促進に寄与することを目的として、成婚者祝い金(以下「祝い金」という。)の交付に関し、必要な事項を定めるものとする。

(交付対象者)

第2条 祝い金の交付を受けることができる者は、次の各号の全てに該当するものとする。

(1) 婚活倶楽部なんとに加入していた者(以下「会員」という。)

(2) 南砺市に婚姻届を提出後、夫婦共に1年以上市内に居住する見込みの者

(祝い金)

第3条 祝い金は、会員1人当たり2万円のなんと共通商品券とする。ただし、婚姻届提出時に夫婦どちらかが40歳に達していた場合は、夫婦に2万円のなんと共通商品券を加算する。

(交付申請)

第4条 祝い金の申請をしようとする者(以下「申請者」という。)は、交付対象者となってから1年以内に成婚者祝い金交付申請書(様式第1号)により市長に申請するものとする。

(交付決定)

第5条 市長は、前条の申請書により審査の結果、交付の可否を決定したときは、成婚者祝い金交付決定通知書(様式第2号)又は成婚者祝い金交付申請却下通知書(様式第3号)により申請者に通知しなければならない。

(祝い金の返還)

第6条 申請者は、次に掲げる場合においては、祝い金を返還しなければならない。

(1) 虚偽その他不正な手段により祝い金の交付を受けた場合

(2) 第2条の規定により祝い金の交付を受けたが、引き続き居住する期間である1年以内に転出する場合。この場合においては、転出届(様式第4号)を提出するものとする。

(返還の免除)

第7条 市長は、死亡その他やむを得ない事情にあると認めるときは、祝い金の返還を免除することができる。

(祝い金交付台帳)

第8条 市長は、成婚者祝い金交付台帳(様式第5号)を備え、祝い金の受領者及びその交付状況を明らかにしておくものとする。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年3月20日告示第125号)

(施行期日)

1 この告示は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の南砺市成婚者祝い金交付要綱の規定は、この告示の施行の日以後の婚姻届の提出に係る祝い金について適用し、同日前の婚姻届の提出に係る祝い金については、なお従前の例による。

附 則(平成28年3月25日告示第124号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市成婚者祝い金交付要綱

平成24年6月7日 告示第153号

(平成28年4月1日施行)