○南砺市道路消雪施設の譲渡に関する要綱

平成25年2月4日

告示第15号

(趣旨)

第1条 この要綱は、管理者が市以外の道路消雪施設(以下「施設」という。)について、新規住宅団地の開発行為申請事業者(以下「事業者」という。)から市へ施設を譲渡する場合の方法及び管理に関し、必要な事項を定めるものとする。

(譲渡基準)

第2条 譲渡できる施設は、次の各号のいずれにも該当する施設とする。

(1) 新規住宅団地の施設であること。

(2) 施設に関連する道路及び用地は、あらかじめ市へ寄附されていること。

(3) 前号に掲げる道路は、市道認定済であること。

(4) 「散水消雪施設設計施工・維持管理マニュアル(平成20年8月発行。編集:散水消雪施設設計施工マニュアル編集委員会)」に適合しており、遠方操作システムエリア対応設備、降雪検知器及び温度センサーを完備していること。

(5) 全区画の過半数が入居していること。

(6) 事業者、ふるさと整備部建設課(以下「建設課」という。)及びふるさと整備部都市計画課が、施設の計画時から協議を行っていること。

(7) 施工時において、建設課が、現地確認(施工方法、揚水及び回復試験等)を行っていること。

2 前項の規定にかかわらず、市長が特に必要と認める施設については、譲渡できるものとする。

(施設の引渡し)

第3条 施設の引渡しに際しては、事業者及び建設課が現地で確認を行い、不具合がある場合は、事業者の修繕後に引渡しを受けるものとする。

(施設の維持管理)

第4条 譲渡後の施設の維持管理費は、市が負担するものとする。

2 施設の機能維持のため、譲渡後の維持管理業務は、南砺市管工事業協同組合、設備点検業者等に委託するものとする。

(その他)

第5条 この要綱に定めるもののほか、施設の譲渡に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年3月20日告示第110号)

この告示は、平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日告示第98号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

南砺市道路消雪施設の譲渡に関する要綱

平成25年2月4日 告示第15号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第10編 設/第1章
沿革情報
平成25年2月4日 告示第15号
平成27年3月20日 告示第110号
平成28年3月18日 告示第98号