○南砺市公共施設生ごみ収集堆肥化モデル事業補助金交付要綱

平成25年3月27日

告示第73号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、南砺市公共施設生ごみ収集堆肥化モデル事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、ごみの減量化及び資源化を図るため、公共施設から生ごみを収集して堆肥に加工し、その有効利用を図る個人又は団体に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(対象者)

第3条 補助金の交付を受けられる者は、市内で活動する営利を目的としない個人又は団体とする。

(個人又は団体の登録)

第4条 補助金の交付を受けようとする個人又は団体(以下「団体等」という。)は、あらかじめ公共施設生ごみ収集堆肥化モデル事業登録申請書(様式第1号)を市長に提出し、登録を受けなければならない。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、生ごみ1キログラム当たり80円とする。

2 前項に定める補助金の額は、次に掲げる経費から算定するものとし、必要に応じて見直すものとする。

(1) 生ごみ収集車両の燃料代

(2) 生ごみ収集に係る作業員の人件費

(3) 生ごみ堆肥化加工機械の電気代、メンテナンス等に係る経費

(4) 生ごみ堆肥化加工機械の運転作業員の人件費

(5) 堆肥の品質調整のための添加物代

(6) その他市長が必要と認めるもの

(補助金の交付申請)

第6条 第4条の規定により登録を受けた団体等が補助金の交付を受けようとするときは、公共施設生ごみ収集堆肥化モデル事業補助金交付申請書兼請求書(様式第2号)を生ごみ収集を行った月の翌月の10日までに、市長に提出するものとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の申請書兼請求書に加え、必要な書類の提出を求めることができる。

(補助金の返還)

第7条 市長は、補助金の交付を受けた団体等がこの要綱の規定に違反したとき、又は偽りその他不正な手段によって補助金の交付を受けたときは、その全部又は一部の返還を命ずることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成27年8月6日告示第191号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の第5条の規定は、この告示の施行の日以後の交付申請に係る補助金の交付について適用し、同日前の交付申請に係る補助金の交付については、なお従前の例による。

画像

画像

南砺市公共施設生ごみ収集堆肥化モデル事業補助金交付要綱

平成25年3月27日 告示第73号

(平成27年8月6日施行)