○南砺市五箇山自然文化解説員設置要綱

平成25年4月24日

教育委員会告示第3号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市民及び南砺市を訪れる人に五箇山の自然環境及び文化財に対する理解を深めてもらい、もって世界遺産の保全に寄与するため、五箇山自然文化解説員(以下「解説員」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(認定)

第2条 解説員は、自然環境の保全及び有形無形の文化財の愛護に関して知識を有する者であって、次の各号に掲げるいずれかの要件を満たす者の中から南砺市教育委員会(以下「教育委員会」という。)が認定するものとする。

(1) 市が実施した自然文化講座を修了した者であって、五箇山の自然文化を解説するグループに所属し、かつグループが適当と認める者

(2) 教育委員会が適当と認める者

2 前項に定める認定に際し、教育委員会は、解説員に対し認定証(様式第1号)を交付するものとする。

(認定の取消し)

第3条 教育委員会は、解説員として不適切な行為があったときは、認定を取り消すことができる。

(業務)

第4条 解説員は、自然公園等の利用者に対し、自然文化への理解及び愛情を深めることを目的に次の業務を行う。

(1) 自然文化への理解を深めるための解説に関すること。

(2) 自然環境及び文化財の保全に関する知識の普及及び思想の高揚に関すること。

(3) 自然文化についての研修活動に関すること。

(解説員証の携帯)

第5条 解説員は、前条に定める業務(以下「業務」という。)に従事するときは、五箇山自然文化解説員証(様式第2号)を携帯しなければならない。

(業務の報告)

第6条 解説員は、業務終了後、業務に従事した報告書を教育委員会に提出するものとする。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、解説員の設置に関し必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(南砺市五箇山自然文化解説員設置要綱の廃止)

2 南砺市五箇山自然文化解説員設置要綱(平成16年南砺市告示第19号)は、廃止する。

画像

画像

南砺市五箇山自然文化解説員設置要綱

平成25年4月24日 教育委員会告示第3号

(平成25年4月24日施行)