○南砺市高齢者生活福祉センター条例施行規則

平成26年3月31日

規則第21号

南砺市高齢者生活福祉センター条例施行規則(平成19年南砺市規則第30号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市高齢者生活福祉センター条例(平成25年南砺市条例第38号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用対象者)

第2条 条例第4条第1号に規定する事業の利用対象者は、市内に住所を有するおおむね65歳以上のひとり暮らし高齢者及び高齢者夫婦のみの世帯であって、高齢等のため独立して生活することに不安があると認められる者とする。ただし、日常生活ができることを原則とする。

2 前項の規定にかかわらず、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)又は感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律(平成10年法律第114号)の規定により、医療機関において処置されるべき高齢者は、利用対象者から除くものとする。

3 条例第4条第2号及び第3号に規定する事業の利用対象者は、介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する居宅の要支援認定者及び要介護認定者とする。

(利用の申請)

第3条 条例第7条第1項の規定により、センターの利用の許可を受けようとする者(以下「申請者(その1)」という。)は、条例第3条に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)に申請しなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、条例第4条第1号に規定する事業の利用の許可を受けようとする者(以下「申請者(その2)」という。)は、生活支援ハウス利用申請書(様式第1号)に必要事項を記載し、診断書(様式第2号)、誓約書(様式第3号)及び身元引受書(様式第4号)に所得証明書を添えて、市長に申請するものとする。

(利用の許可)

第4条 指定管理者は、前条第1項の申請を受理し、適当と認めるときは、介護保険法及び市長が特に必要と認める事業に基づく利用契約を申請者(その1)と結ぶものとする。

2 市長は、前条第2項の申請書を受理したときは、申請内容を審査し、速やかに利用の要否を決定し、生活支援ハウス利用者登録承認(不承認)決定通知書(様式第5号)により申請者(その2)に通知するものとする。

(退所)

第5条 前条第2項の規定による決定を受け入所していた者が退所する場合は、退所届(様式第6号)を市長に提出しなければならない。

(利用期間)

第6条 条例第4条第1号に規定する事業を利用できる期間は、12箇月以内を原則とする。ただし、利用者の家庭環境等を勘案して期間の延長が必要と市長が認める場合は、12箇月以内の期間で延長することができるものとする。

(利用料金の納付)

第7条 条例第12条に規定する利用料金は、条例第7条第1項の規定により利用の許可を受けた者(以下「利用者」という。)が、利用の許可を受けたとき、又は指定した期日までに納付しなければならない。

(利用料金の還付)

第8条 条例第13条ただし書の規定による利用料金の還付の額は、次に定める額とする。

(1) 条例第13条第1号に該当するとき。全額

(2) 条例第13条第2号に該当するとき。利用日数が1箇月の2分の1未満の場合は、月額利用料金に利用日数を1箇月の日数で除した数を乗じた額

2 利用料金の還付を受けようとする者は、支援ハウス利用料金還付申請書(様式第7号)を指定管理者に提出しなければならない。

3 指定管理者は、前項の申請を許可したときは、支援ハウス利用料金還付決定通知書(様式第8号)を利用者に交付するものとする。

(利用者の遵守事項)

第9条 利用者は、センターの利用に当たり、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) センターの施設又は附属設備等を汚損し、又は損傷しないこと。

(2) 所定の場所以外において飲食若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(3) 許可を受けないで、センター内で物品の販売をしないこと。

(4) 他人の迷惑となるような行為をしないこと。

(5) 前各号に掲げるもののほか、指定管理者の指示に従うこと。

(その他)

第10条 この規則に定めるもののほか、センターの管理及び運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日規則第9号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月4日規則第17号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市高齢者生活福祉センター条例施行規則

平成26年3月31日 規則第21号

(平成31年4月4日施行)