○南砺市認知症高齢者等見守り支援事業実施要綱

平成26年3月31日

告示第99号

(目的)

第1条 この要綱は、南砺市認知症高齢者等見守り支援事業(以下「事業」という。)を実施することにより、徘徊のおそれのある認知症高齢者等(以下「徘徊高齢者等」という。)を地域の支援を得て早期に発見できるよう、関係機関による支援体制を構築し、徘徊高齢者等の安全確保及び家族への支援を図ることを目的とする。

(事業内容)

第2条 この事業は、前条の目的を達成するため、次に掲げることを実施する。

(1) 徘徊高齢者等の把握

(2) 地域の関係機関等による緊急連絡体制及び支援体制の構築

(3) 徘徊高齢者等及びその家族への支援並びに本事業の普及啓発

(実施主体)

第3条 この事業の実施主体は、市とする。ただし、第6条に定める利用登録を除き、事業の実施を適切な事業運営が確保できると認められる事業者(以下「事業受託者」という。)に委託することができる。

2 この事業は、南砺警察署のほか、砺波地域消防組合、民生委員、児童委員その他関係機関の協力を得て実施するものとする。

(対象者)

第4条 この事業の対象者は、市内に住所を有する40歳以上の者のうち、次の各号に掲げるいずれかの要件を満たすものとする。

(1) 認知症等の疾患が認められる者

(2) 介護保険法(平成9年法律第123号)に規定する要支援又は要介護認定者

(3) 徘徊により生命に危険が生じる可能性がある者

(徘徊SOS緊急ダイヤル)

第5条 この事業を円滑に実施するため、南砺市認知症高齢者等徘徊SOS緊急ダイヤル(以下「徘徊SOS緊急ダイヤル」という。)を設置する。

2 次条においてこの事業の利用登録をした者が行方不明となり、家族等が徘徊SOS緊急ダイヤルに連絡した場合、南砺警察署、砺波地域消防組合、市内の介護保険事業所、第7条においてこの事業の協力団体として登録した団体等(以下「協力団体」という。)へ利用登録をした者の情報(以下「利用者情報」という。)が電子メールにより配信され、協力団体は可能な範囲で捜索を行うものとする。

(利用登録)

第6条 この事業を利用しようとするときは、この事業の対象者の家族等が、認知症高齢者等徘徊SOS緊急ダイヤル利用(新規・更新・廃止)申請書(様式第1号)を市長に提出し、登録を受けなければならない。

(協力団体の登録)

第7条 協力団体は、認知症高齢者等徘徊SOS緊急ダイヤル協力団体登録申請書(様式第2号)により登録するものとする。

(実施体制)

第8条 徘徊SOS緊急ダイヤルは、市(事業を委託している場合は、事業受託者)が24時間運用するものとし、徘徊SOS緊急ダイヤルに連絡があったときは、直ちに協力団体へ利用者情報を配信するものとする。

(発見時の対応)

第9条 行方不明者が発見されたときは、家族等への連絡は南砺警察署が行うこととし、市(事業を委託している場合は、事業受託者)は、速やかに協力団体へ発見の報告を行うものとする。

(利用者負担)

第10条 この事業に係る利用者負担は、無料とする。

(委託料)

第11条 市長は、この事業を事業受託者に委託した場合、別に定める委託料を支払うものとする。

(実績報告等)

第12条 事業受託者は、毎月の事業実績報告及び請求書を翌月10日までに市長に提出するものとする。

(守秘義務)

第13条 事業受託者及び協力団体は、事業の実施上知り得た個人情報及び秘密を他に漏らしてはならない。

(その他)

第14条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成27年12月24日告示第222号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年8月31日告示第226号)

この告示は、令和2年10月1日から施行する。

画像画像

画像

南砺市認知症高齢者等見守り支援事業実施要綱

平成26年3月31日 告示第99号

(令和2年10月1日施行)