○南砺市住民共同活動応援事業補助金交付要綱

平成26年4月24日

告示第107号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、南砺市住民共同活動応援事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、南砺市山間過疎地域振興条例(平成25年南砺市条例第2号)第2条第1号に定める山間過疎地域(以下「山間過疎地域」という。)における草刈り、江浚え等の住民共同活動(以下「活動」という。)で不足する労働力の受入れに対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助対象団体等)

第3条 補助金の交付の対象となる団体は、山間過疎地域の町内会、自治会及び集落(以下「自治会等」という。)とする。

2 同一団体に対する補助金の交付は、各年度1回限りとする。

3 複数の団体が共同で活動を実施する場合は、これらの団体は一つの団体とみなす。

(補助対象活動等)

第4条 補助金の交付の対象となる活動、経費及びこれに対する補助率は、次のとおりとする。

対象活動

対象経費

補助率

1 草刈り

2 江浚え

3 その他市長が認めるもの

受け入れる労働力に対する謝金(1人当たり1,000円程度/回)

お茶等の飲物代

作業保険料

草刈り機燃料代 等

対象経費の10分の10以内とし、100,000円を限度とする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする自治会等(以下「申請自治会等」という。)は、住民共同活動応援事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添付して、別に定める期日までに市長に提出しなければならない。

(1) 活動に要する経費の内訳が明記されている見積書等の写し

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(交付の決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請を受けたときは、その内容を審査し、補助金の交付を決定したときは、住民共同活動応援事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請自治会等に通知するものとする。

(実績報告)

第7条 前条の規定による交付決定を受けた申請自治会等(以下「補助自治会等」という。)は、活動が完了したときは、完了後30日以内に、住民共同活動応援事業補助金実績報告書(様式第3号)に次に掲げる書類を添付して、市長に提出しなければならない。ただし、市長が特に必要があると認めるときは、この期間を延長することができる。

(1) 活動に要した経費の内訳が確認できる書類の写し

(2) 謝金、お茶等の飲物代、作業保険料、草刈り機燃料代等の領収書の写し

(3) 作業の状況を示す写真

(補助金の請求)

第8条 規則第13条の規定により補助金の額の確定の通知を受けた補助自治会等は、住民共同活動応援事業補助金請求書(様式第4号)を別に定める期日までに市長に提出しなければならない。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

画像

南砺市住民共同活動応援事業補助金交付要綱

平成26年4月24日 告示第107号

(平成26年4月24日施行)