○南砺市とやまっ子さんさん広場推進事業補助金交付要綱

平成26年8月18日

告示第146号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、南砺市とやまっ子さんさん広場推進事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、地域の力を生かした子育ての新たな支え合いを推進するため、とやまっ子さんさん広場推進事業(以下「事業」という。)の実施主体に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(事業実施主体)

第3条 事業の実施主体は、次の各号のいずれかに該当するものとする。

(1) 町内会等の住民自治組織

(2) ボランティア又はNPO活動を行う団体等

(3) その他市長が適当と認めるもの

(事業対象)

第4条 事業の対象は、小学生(義務教育学校の前期課程の児童を含む。)以下の児童とする。ただし、地域の実情に応じ、市長が必要と認めるときは、中学生(義務教育学校の後期課程の生徒を含む。)を対象に含めることができる。

(事業運営等)

第5条 事業は、次のとおり行うものとする。

(1) 利用する児童は、おおむね5人以上とする。

(2) 世話人は、1人以上置くものとする。

(3) 事業は、交流センター、地区集会場、民家その他の施設を活用して実施する。ただし、民家で実施する場合は、地元(町内会等)の同意を得るものとする。

(4) 開設日数は、年間おおむね100日以上とする。ただし、地域の実情に鑑み、夏休み等の長期休業期間のみの開設など、必要に応じて25日以上100日未満の開設日数を設定することができる。

(5) 開設時間は、おおむね午後2時から午後7時までとし、原則3時間以上とする。

(6) 実施主体は、事業を実施するために必要な経費の一部を保護者から徴収することができる。

(7) 実施主体は、児童の居場所にふさわしい環境の整備を行い、児童の健全育成及び地域における子育て支援の観点から、地域と交流を図り、適切な事業運営に努めるものとする。

(8) 実施主体は、安全確認及び緊急時の対応について取り決めるなど、児童の安全に配慮して事業を行うものとする。

(9) 事業の運営に当たっては、地域住民、児童委員(主任児童委員を含む。)等、地域の協力を得て行うものとする。

(補助対象経費)

第6条 補助金の交付の対象となる経費は、事業の実施に要する経費とする。ただし、次に掲げるものは除く。

(1) 他の補助金等の交付対象となる経費

(2) 飲食物に要する経費

(補助基準額)

第7条 補助基準額は、別表に掲げるとおりとする。

(補助金の額)

第8条 補助金の額は、補助基準額と補助対象経費から寄附金その他収入額を控除した額とを比較していずれか低い方の額とする。

2 前項で算出した額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てる。

(施設使用料の交付)

第9条 南砺市山間過疎地域振興条例(平成25年南砺市条例第2号)第2条第1号に定める山間過疎地域又は当該地域を除く旧井口村の区域で実施する事業の実施主体に限り、あらかじめ市と協議した施設使用料(冷暖房費を除く。)を交付するものとする。ただし、補助基準額の3割を上限とする。

(交付申請)

第10条 補助金の交付を受けようとする事業の実施主体は、毎年度市長が別に定める日までに、とやまっ子さんさん広場推進事業補助金交付申請書(様式第1号)に次の関係書類を添えて市長に提出するものとする。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 登録者名簿

(実績報告)

第11条 補助金の交付を受けた事業の実施主体は、毎年度市長が別に定める日までに、とやまっ子さんさん広場推進事業補助金実績報告書(様式第2号)に次の関係書類を添えて市長に提出するものとする。

(1) 事業実績書

(2) 収支決算書

(3) その他参考資料

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施及び補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日等)

1 この告示は、公表の日から施行し、平成26年4月1日から適用する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。ただし、この告示の失効前に交付を申請した者に対するこの告示の規定の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成31年3月29日告示第84号)

この告示は、平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月24日告示第74号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年3月26日告示第91号)

この告示は、令和3年4月1日から施行する。

附 則(令和3年4月1日告示第123号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に存するこの告示による改正前の告示に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

別表(第7条関係)

年間開設日数

補助基準額

100日以上150日未満

500,000円

150日以上200日未満

750,000円

200日以上

1,000,000円

25日以上100日未満(夏休み等の長期休業期間のみ開設する場合等)

5,000円/日

備考 補助基準額は、世話人を2人以上配置する場合とし、世話人1人の場合は、上記金額の2分の1の額とする。

画像

画像

南砺市とやまっ子さんさん広場推進事業補助金交付要綱

平成26年8月18日 告示第146号

(令和3年4月1日施行)