○南砺市心身障害者福祉金条例施行規則

平成27年3月20日

規則第13号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市心身障害者福祉金条例(平成27年南砺市条例第2号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(受給資格の認定申請)

第2条 条例第5条の規定により南砺市心身障害者福祉金(以下「福祉金」という。)の受給資格の認定を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、心身障害者福祉金受給資格認定申請書(様式第1号)に受給資格を証する書類を添えて、市長に提出しなければならない。

(受給資格の認定)

第3条 市長は、前条の規定により申請書を受理したときは、申請書及び添付書類について審査を行い、受給資格について認定又は却下の決定をしなければならない。

2 市長は、前項の規定により受給資格について決定したとき、又は次条による届出により受給資格が消滅し、若しくは受給資格を変更するときは、心身障害者福祉金受給資格決定(変更)通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

(受給資格の消滅又は変更)

第4条 前条において福祉金の受給資格の認定を受けた申請者(以下「受給権者」という。)が、条例第7条各号の規定に該当するに至ったとき、又は次の各号のいずれかに該当するときは、心身障害者福祉金受給資格消滅(変更)(様式第3号)を市長に提出しなければならない。

(1) 受給権者の住所又は氏名を変更したとき。

(2) 受給権者の障害の程度に変更があったとき。

(3) その他申請事項に変更があったとき。

(支給停止)

第5条 市長は、受給権者が条例第8条の規定に該当するときは、心身障害者福祉金支給停止通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(福祉金の返還)

第6条 市長は、条例第9条の規定により福祉金の返還を命ずるときは、心身障害者福祉金返還命令通知書(様式第5号)により通知するものとする。

(帳簿の備付け)

第7条 福祉金支給の事務に関する帳簿は、次のとおりとする。

(1) 心身障害者福祉金受給資格認定受付簿(様式第6号)

(2) 心身障害者福祉金給付台帳(様式第7号)

(その他)

第8条 この規則に定めるもののほか、福祉金の支給に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成27年6月1日から施行する。

附 則(平成27年12月28日規則第51号)

この規則は、平成28年1月1日から施行する。

附 則(平成28年3月31日規則第30号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年7月29日規則第37号)

この規則は、公布の日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市心身障害者福祉金条例施行規則

平成27年3月20日 規則第13号

(平成28年7月29日施行)