○南砺市6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金交付要綱

平成27年9月18日

告示第199号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号。以下「規則」という。)第20条並びに南砺市6次産業化とやまの魅力発信事業実施要領(平成27年南砺市告示第198号。以下「実施要領」という。)第6条及び第8条の規定に基づき、南砺市6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において使用する用語の意義は、実施要領で使用する用語の例による。

(補助金の交付)

第3条 市長は、実施要領の趣旨にのっとり、6次産業化の推進を図るため、補助事業に要する経費(以下「対象経費」という。)に対し予算の範囲内において補助金を交付する。

(対象経費、補助率等)

第4条 対象経費、補助率、補助金の限度額及び補助対象期間は、別表のとおりとする。

(交付の申請)

第5条 規則第4条に規定する補助金の交付の申請は、6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金交付申請書(様式第1号)により行うものとする。

(交付の条件)

第6条 規則第6条の規定による補助金の交付に付する条件は、次に掲げるとおりとする。

(1) 補助事業の総事業費の20パーセント以上の変更をする場合は、市長の承認を受けること。

(2) 補助事業を中止し、又は廃止する場合は、市長の承認を受けること。

(3) 補助事業が予定の期間内に完了しない場合又は補助事業の遂行が困難となった場合は、速やかに市長に報告し、その指示を受けること。

(4) 事業実施者は、補助金及び補助事業に係る予算及び決算との関係を明らかにした帳簿その他の証拠書類を整理し、補助事業完了の日の属する年度の翌年度から起算して5年間保存しておくこと。

(変更又は中止若しくは廃止の承認)

第7条 前条第1号に規定する補助事業の内容の変更又は同条第2号に規定する補助事業の中止若しくは廃止の承認の申請は、6次産業化とやまの魅力発信事業変更(中止・廃止)承認申請書(様式第2号)によるものとする。

(実績報告)

第8条 規則第12条に規定する実績報告は、6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金実績報告書(様式第3号)によるものとする。

2 前項の実績報告書の提出期限は、補助事業完了の日から30日以内又は補助事業完了の日の属する年度の末日のいずれか早い日とする。

(補助金の概算払)

第9条 事業実施者は、補助金の概算払を受けようとするときは、6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金概算払請求書(様式第4号)を市長に提出しなければならない。

(その他)

第10条 この要綱及び実施要領に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

別表(第4条関係)

対象経費

補助率

補助金の限度額

補助対象期間

(1) 研究開発費

(2) 試作費

(3) 加工機材整備費

(4) 農又は食の魅力向上に要する経費(農林水産物の生産に要する経費は除く。)

(5) その他6次産業化の推進に必要であると市長が認める経費

対象経費の6分の1

(1,000円未満の端数があるときは、当該端数を切り上げた金額)

2年間で2,500,000円

2年間

備考

1 領収書、積算証明書等の支出内容を確認できるものに限る。

2 経常的な経費(事務所費等賃借料、光熱水道費、人件費等)は補助対象外とする。

画像画像画像画像画像

画像

画像画像画像画像画像

画像

南砺市6次産業化とやまの魅力発信事業費補助金交付要綱

平成27年9月18日 告示第199号

(平成27年9月18日施行)