○南砺市臨時保育室設置事業実施要綱

平成28年3月18日

告示第88号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市臨時保育室設置事業(以下「事業」という。)の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業の目的)

第2条 事業は、子どもを生み育てやすい環境づくりの一環として、子育て中の親が気軽に学習、文化活動等に参加できるよう、市立施設等において乳幼児童を一時的に預かる臨時の保育室(以下「臨時保育室」という。)を設置し、子育て世代の社会参加を支援することを目的とする。

(事業の対象)

第3条 事業は、市立施設等において市等が実施するイベントのうち、保育を必要とする乳幼児童を伴う保護者の参加が見込まれるもので、施設内に臨時保育室の設置が可能なものを対象とする。

(事務局)

第4条 事業の事務局は、教育委員会教育部こども課に置く。

(対象乳幼児童)

第5条 事業の対象となる乳幼児童は、原則として市内に住所を有する月齢4箇月から小学3年生までの健康な者とする。

(保育者)

第6条 臨時保育室で保育を実施する者(以下「保育者」という。)は、保育士有資格者及びボランティア協力者とする。

2 保育者は2人配置し、預かる乳幼児童の数に応じて加配するものとする。

(事業実施内容)

第7条 事業の実施内容は、次に掲げるとおりとする。

(1) 利用定員は、開設場所の面積に見合った人数とする。

(2) 臨時保育室の開設時間は、イベントが始まる15分前から終了時間までとする。

(3) 臨時保育室ではおやつを提供せず、保護者は、水分補給用の飲物を持参する。

(4) 乳児等でミルクが必要な場合は、いつも飲んでいるものを保護者が持参する。

(5) おむつ、着替え等については、必要なものを保護者が持参する。

(利用料金)

第8条 事業の利用料金は次のとおりとし、事業を利用しようとする者(以下「事業利用者」という。)は、事業の利用後に事務局に納入しなければならない。

イベント

利用料金

市が主催又は共催するもの

無料

市が後援、協賛等をするもの

第11条の規定による謝金と同額

(保険加入)

第9条 臨時保育室を利用する乳幼児童及び保育者を対象として傷害保険及び賠償保険に加入することとし、南砺市教育委員会教育部こども課(以下「こども課」という。)が一括して処理する。

(事務手続)

第10条 事業の実施に係る事務手続は、次に掲げるとおりとする。

(1) 事業利用者は、事業実施日の1箇月前までに、事務局に臨時保育室開設申込書(様式第1号)を提出する。

(2) 事務局は、前号の開設申込書により開設場所の確保状況等を確認し、適当と認めたときは、事業利用者に対し臨時保育室設置事業承認書(様式第2号)を交付する。

(3) 事業利用者は、臨時保育室の利用を希望する保護者(以下「利用希望保護者」という。)を募り、臨時保育室の利用を希望される方へ(様式第3号)を渡す。

(4) 事業利用者は、事業実施日の2週間前までに利用希望保護者から臨時保育室利用申込書(様式第4号)を取りまとめ、その写しを事務局に提出するものとし、提出後に利用する乳幼児童に関し変更があった場合は、直ちに事務局へ連絡する。

(5) 事務局は、南砺市保育士会と協議して必要な保育者数を算定し、保育者を確保するとともに、事業に係る諸準備を行う。

(6) 事業実施の当日、保育者は、イベントが開催される30分前までに臨時保育室の準備を終える。

(7) 保育者は、乳幼児童の預かり及び引渡しの際、運転免許証、健康保険証等で利用希望保護者の身元を確認するほか、乳幼児童を引き渡す際の確認等のため、利用希望保護者と当該乳幼児童が一緒に写った写真を撮るとともに、必要な場合すぐに連絡がとれるよう利用希望保護者の座席、連絡方法等を確認する。

(8) 事業実施後、事務局は速やかに臨時保育室利用実績報告書(様式第5号)を作成し、こども課へ提出するものとする。

(謝金)

第11条 こども課は、前条第8号の実績報告書の提出を受けた後、速やかに保育者に対し1人につき事業の従事時間(準備及び片付けを含む。次項において同じ。)30分当たり500円の謝金を支払うものとする。

2 従事時間に30分未満の端数が生ずるときは、これを切り捨てる。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成28年4月1日から施行する。

(南砺市臨時保育室設置事業実施要綱の廃止)

2 南砺市臨時保育室設置事業実施要綱(平成16年南砺市告示第39号)は、廃止する。

附 則(平成31年3月14日告示第52号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の南砺市臨時保育室設置事業実施要綱第8条及び第11条の規定は、この告示の施行の日以後の申込みに係る臨時保育室の設置について適用し、同日前の申込みに係る臨時保育室の設置については、なお従前の例による。

附 則(令和2年3月24日告示第77号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和3年4月1日告示第123号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に存するこの告示による改正前の告示に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市臨時保育室設置事業実施要綱

平成28年3月18日 告示第88号

(令和3年4月1日施行)