○南砺市地域包括ケアセンター条例施行規則

平成28年12月22日

規則第50号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市地域包括ケアセンター条例(平成28年南砺市条例第29号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用の申請)

第2条 条例第4条第1項の規定により、多目的研修室を使用しようとする者(以下「申請者」という。)は、多目的研修室使用申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書は、使用日(使用しようとする日が引続き2日以上であるときは、その初日。以下同じ。)の前1箇月から使用日前3日までの間に提出しなければならない。ただし、市長が相当の理由があり、かつ、施設の運営上支障がないと認めるときは、この限りでない。

(使用の許可)

第3条 市長は、前条の申請書を受理し、適当と認めるときは、多目的研修室使用許可書(様式第2号)を申請者に交付するものとする。

(使用時間)

第4条 条例別表に定める使用時間には、準備、片付け等使用に必要な時間を含むものとする。

(使用期間)

第5条 多目的研修室の使用期間は、同一の内容で引き続いて7日以上の使用をすることができない。ただし、市長が特に必要と認めるときは、この限りでない。

(使用の変更等)

第6条 条例第4条第1項の規定により使用の許可を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用の変更等をしようとするときは、多目的研修室使用変更(取消し)許可申請書(様式第3号)に、第3条に規定する使用許可書を添えて、使用日の前日までに市長に提出しなければならない。

2 市長は、前項の規定による申請を許可したときは、多目的研修室使用変更(取消し)許可書(様式第4号)を使用者に交付するものとする。

(使用料の納付)

第7条 条例第9条に規定する使用料は、使用の許可を受けたとき、又は指定した期日までに納付しなければならない。

(使用料の減免)

第8条 条例第10条の規定による使用料の減免は、次の各号に掲げる区分に応じて行うものとし、その減免の割合は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 学校法人富山国際学園南砺サテライトが主催する場合 全額

(2) 社会教育団体、社会体育団体、文化団体、福祉団体、NPO法人その他の社会貢献に寄与する団体が使用する場合 50パーセント

(3) 災害、事故等特別な事由がある場合 市長が認める割合

2 前項の規定は、基本使用料についてのみ適用し、その他の使用料には適用しない。ただし、前項第3号に該当する場合は、この限りでない。

3 使用料の減免を受けようとする者は、文書等により市長に申請しなければならない。

(使用料の還付)

第9条 条例第11条ただし書の規定による使用料の還付の額は、次に定める額とする。

(1) 条例第11条第1号に該当するとき 全額

(2) 条例第11条第2号に該当するとき 90パーセント相当額。ただし、使用日の前日までに使用の取消しを申し出た場合に限る。

2 使用料の還付を受けようとする者は、多目的研修室使用料還付申請書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

3 市長は、前項の規定による申請を許可したときは、多目的研修室使用料還付決定通知書(様式第6号)を使用者に交付するものとする。

(使用者の遵守事項)

第10条 使用者は、多目的研修室の使用に当たり、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 南砺市地域包括ケアセンター(以下「センター」という。)の施設又は附属設備等を汚損し、又は損傷しないこと。

(2) 許可を受けずに、センターの附属設備等の使用及び所定の場所以外への持出しを行わないこと。

(3) 所定の場所以外において飲食若しくは喫煙をし、又は火気を使用しないこと。

(4) 許可を受けないで、センター内で物品の販売をしないこと。

(5) 他人の迷惑となるような行為をしないこと。

(6) 使用が終わったときは、速やかに附属設備等を所定の場所に整頓し、職員の点検を受けること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、市長の指示に従うこと。

(その他)

第11条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成29年1月4日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市地域包括ケアセンター条例施行規則

平成28年12月22日 規則第50号

(平成29年1月4日施行)