○南砺市家畜伝染病防疫対策本部設置要綱

平成29年1月19日

告示第8号

(趣旨)

第1条 この要綱は、市内及びその近隣地域において重大な家畜伝染病が発生し、又は発生するおそれがある場合に、富山県、関係団体等との連携を図り、そのまん延を防止するため、南砺市家畜伝染病防疫対策本部(以下「対策本部」という。)の設置に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「重大な家畜伝染病」とは、家畜伝染病予防法(昭和26年法律第166号)第2条第1項に規定する伝染性疾病のうち、牛疫、牛肺疫、口てい疫、豚熱、アフリカ豚熱、高病原性鳥インフルエンザ及び低病原性鳥インフルエンザをいう。

(設置)

第3条 対策本部は、市内及びその近隣地域において重大な家畜伝染病が発生し、又は発生するおそれがある場合において、市長が、富山県が実施する防疫措置(以下「防疫措置」という。)に協力する必要があると認めるときに設置する。

(所掌事項)

第4条 対策本部は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 富山県が組織する防疫措置に関する機関、近隣市、畜産に関連する団体その他の関係機関との連絡及び調整に関すること。

(2) 防疫措置への協力及び支援に関すること。

(3) 防疫に必要な情報の収集及び管理に関すること。

(4) 市民への情報提供及び風評被害の防止に関すること。

(5) 前各号に掲げるもののほか、重大な家畜伝染病のまん延の防止に関すること。

(組織)

第5条 対策本部は、本部長、副本部長及び本部員をもって組織する。

2 本部長には市長を、副本部長には副市長及び教育長を、本部員には各部局等の長及び担当部長をもって充てる。

3 本部長は、本部員を指揮監督し、対策本部を総括する。

4 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故があるとき、又は本部長が欠けたときは、本部長があらかじめ定める順位により、その職務を代理する。

(実施体制)

第6条 本部長は、第4条に規定する所掌事項を遂行するため、必要な人員体制を整え、所定の業務を実施させるものとする。

(解散)

第7条 本部長は、防疫措置がおおむね完了したとき、又は重大な家畜伝染病が発生するおそれがなくなったと認めるときは、対策本部を解散する。

(事務局)

第8条 対策本部の事務局は、ブランド戦略部農政課に置く。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、本部長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日告示第150号)

(施行期日)

1 この告示は、令和2年4月1日から施行する。

南砺市家畜伝染病防疫対策本部設置要綱

平成29年1月19日 告示第8号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第2章 林/第1節
沿革情報
平成29年1月19日 告示第8号
令和2年3月31日 告示第150号