○南砺市ファミリー・サポート・センターひとり親家庭等利用支援事業実施要綱

平成29年3月6日

告示第51号

(目的)

第1条 この要綱は、南砺市ファミリー・サポート・センター事業実施要綱(平成16年南砺市告示第38号。以下「実施要綱」という。)第1条に規定する南砺市ファミリー・サポート・センターの事業の実施に関し、その報酬の一部を協力会員に助成金として交付することにより、ひとり親家庭等の子育ての負担軽減及び地域における育児に関する相互援助活動の推進を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 相互援助活動 実施要綱第4条第1項各号に規定する相互援助活動をいう。

(2) ひとり親家庭等 市内に住所があり、小学生以下の児童(以下「児童」という。)が属する世帯で、次のいずれかに該当するものをいう。

 生活保護法(昭和25年法律第144号)に基づく保護を受けている世帯

 前年度分の市町村民税非課税世帯

(3) 協力会員 実施要綱第3条第1号に規定する会員をいう。

(4) 依頼会員 ひとり親家庭等に属する児童の保護者で、相互援助活動を受けたいものをいう。

(助成対象者)

第3条 この要綱による助成金の交付を受けることができる者は、第5条の規定によるひとり親家庭等の認定を受けた依頼会員に対し相互援助活動を行った協力会員(以下「助成対象者」という。)とする。

(認定申請)

第4条 依頼会員は、ファミリー・サポート・センターひとり親家庭等認定申請書(様式第1号)により市長にひとり親家庭等の認定申請を行わなければならない。

2 前項の認定申請は、毎年度行うものとする。

(認定の可否)

第5条 市長は、前条の認定申請があったときは、その内容を審査して認定の可否を決定し、速やかにファミリー・サポート・センターひとり親家庭等認定決定(却下)通知書(様式第2号)により当該依頼会員に通知するものとする。

(サポート券)

第6条 市長は、前条の規定によるひとり親家庭等の認定の通知を受けた依頼会員(以下「認定者」という。)に対し、1枚150円相当のファミリー・サポート・センター利用サポート券(様式第3号。以下「サポート券」という。)を発行する。ただし、1会計年度につき、認定者の扶養する児童1人当たり40枚(2人目以降は20枚)を限度とし、サポート券の使用期限は発行年度内とする。

2 認定者は、助成対象者へ支払う報酬(実施要綱第9条に規定する報酬をいう。以下同じ。)の2分の1の額を限度として、サポート券の助成対象者への引渡しによりその支払に代えることができる。この場合において、認定者は、報酬の2分の1の額が引き渡したサポート券の券面の総額を下回る場合であっても、その差額を助成対象者又は市長に対し請求できないものとする。

3 助成対象者は、前項の規定により引き受けたサポート券に、利用年月日、相互援助活動の内容及び当該助成対象者の氏名を記入し、押印しなければならない。

4 認定者は、サポート券を他人に譲渡し、又は担保に供することはできない。

(助成金の交付申請等)

第7条 助成対象者は、相互援助活動を行った日の属する月の翌月10日までに、ファミリー・サポート・センター事業助成金交付申請書(様式第4号)に別に定める活動記録簿及び前条第1項の規定により引き受けたサポート券を添付し、市長に提出するものとする。

2 市長は、前項の規定による申請があったときは、速やかにその内容を審査し、適当と認めたときは、申請があった日から30日以内に当該助成対象者に対し助成金を交付するものとする。

(認定抹消の届出)

第8条 認定者は、ひとり親家庭等に該当しなくなったときは、直ちにファミリー・サポート・センターひとり親家庭等認定抹消届出書(様式第5号)を市長に提出しなければならない。

(認定の取消し及び助成金の返還)

第9条 市長は、虚偽その他不正の手段により依頼会員がひとり親家庭等の認定を受け、又は協力会員が助成金の交付を受けたときは、当該認定を取り消し、又は既に交付した助成金の全部若しくは一部を返還させることができる。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成29年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。ただし、この告示の失効前に行われた相互援助活動に係るこの告示の規定の適用については、なお従前の例による。

附 則(平成30年3月16日告示第65号)

(施行期日)

1 この告示は、平成30年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示による改正後の南砺市ファミリー・サポート・センターひとり親家庭等利用支援事業実施要綱の規定は、この告示の施行の日以後に行われた相互援助活動に係る助成金の交付について適用し、同日前に行われた相互援助活動に係る助成金の交付については、なお従前の例による。

附 則(令和2年3月24日告示第88号)

この告示は、令和2年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市ファミリー・サポート・センターひとり親家庭等利用支援事業実施要綱

平成29年3月6日 告示第51号

(令和2年4月1日施行)