○南砺市特別功績者顕彰規則

平成29年10月2日

規則第37号

(趣旨)

第1条 この規則は、南砺市名誉市民条例(平成22年南砺市条例第30号。以下「条例」という。)第1条に規定する南砺市名誉市民に準ずる功績があった者に対し、その功績と栄誉を南砺市特別功績者(以下「特別功績者」という。)として永く顕彰することに関し、必要な事項を定めるものとする。

(特別功績者の対象)

第2条 特別功績者の対象となる者は、本市にゆかりのある故人で、次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 条例第2条第1号及び第2号に準ずる功績があった者

(2) 前号に掲げる者のほか、その功績が顕著で、特に顕彰することが適当と市長が認める者

(特別功績者の選考)

第3条 特別功績者の選考は、南砺市表彰規則(平成16年南砺市規則第177号)第4条第2項の規定による者をもって行う。

(顕彰の方法)

第4条 特別功績者となった者の遺族には、顕彰状及び記念品を贈るものとする。

(顕彰の時期)

第5条 特別功績者の顕彰は、南砺市功労表彰と同日に行うものとする。ただし、市長が特に認める場合は、この限りでない。

(特別功績者台帳)

第6条 顕彰に係る事項は、特別功績者台帳(別記様式)により記録し、永久保存するものとする。

(その他)

第7条 この規則に定めるもののほか、特別功績者の顕彰に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

画像

南砺市特別功績者顕彰規則

平成29年10月2日 規則第37号

(平成29年10月2日施行)