○南砺市妊婦一般健康診査費助成事業実施要綱

平成29年8月25日

告示第143号

(趣旨)

第1条 この要綱は、妊婦の健康の保持増進並びに異常の早期発見及び早期治療を図ることを目的とし、妊婦に対する健康診査(以下「妊婦健康診査」という。)に要する費用(以下「健診料」という。)の一部について助成する南砺市妊婦一般健康診査費助成事業(以下「事業」という。)の実施に関し、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条に規定するもののほか、必要な事項を定めるものとする。

(助成対象者)

第2条 事業の対象者(以下「助成対象者」という。)は、次の各号の全てに該当する者とする。

(1) 市内に住所を有している者

(2) 母子健康手帳の交付を受けている者

(3) 富山県外に所在する医療機関及び助産院(以下「県外医療機関等」という。)で行われる妊婦健康診査を受診した者

2 市は、助成対象者に対し、妊婦一般健康診査費助成申請書(以下「申請書」という。)を交付するものとする。

(対象診査)

第3条 事業の対象となる妊婦健康診査は、県外医療機関等で行われるものであって、市が富山県内の医療機関及び助産院(以下「県内医療機関等」という。)に委託して実施する妊婦健康診査と同様の内容を含むものとする。

(対象回数)

第4条 事業の対象となる妊婦健康診査の回数は、14回以内とする。ただし、県内医療機関等で受診した妊婦健康診査の回数を差し引くものとする。

(助成の限度額)

第5条 助成の限度額は、市が県内医療機関等に委託して実施する妊婦健康診査の委託料の額とする。ただし、健診料が当該委託料の額に満たないときは、当該健診料の額とする。

(交付申請及び請求)

第6条 助成金の交付を受けようとする助成対象者は、申請する妊婦健康診査の最終受診日から3月以内に、申請書に妊産婦健康診査費助成金請求書(別記様式)を添えて市長に提出しなければならない。

(助成金の交付)

第7条 市長は、前条の規定による交付申請及び請求があったときは、これを審査し、助成の要件を満たしていると認めたときは、当該助成対象者に助成金を支払うものとする。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、事業の実施に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、平成29年9月1日から施行する。

画像

南砺市妊婦一般健康診査費助成事業実施要綱

平成29年8月25日 告示第143号

(平成29年9月1日施行)