○南砺市公共施設利活用提案事業選定委員会設置要綱

平成30年6月27日

告示第133号

(設置)

第1条 南砺市再編対象施設の処分事務取扱要綱(平成30年南砺市告示第132号。以下「取扱要綱」という。)第7条第1項の規定に基づき、利活用提案事業を審査して再編対象施設の譲渡先を公平かつ適正に選定するため、南砺市公共施設利活用提案事業選定委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(定義)

第2条 この要綱において使用する用語の意義は、取扱要綱で使用する用語の例による。

(所掌事項)

第3条 委員会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 再編対象施設の譲渡先の選定に関する事項

(2) 前号に掲げるもののほか、市長が特に必要と認める事項

(組織)

第4条 委員会は、委員7人以内をもって組織する。

2 委員は、次に掲げる者のうちから、市長が選任する。

(1) 副市長

(2) 総務部長

(3) 再編対象施設の所管部長

(4) 再編対象施設が位置する地域の行政区の代表から推薦を受けた者

(5) 前各号に掲げる者のほか、市長が必要と認める市職員

(委員長)

第5条 委員長は、副市長をもって充てる。

2 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。

3 委員長に事故があるときは、委員長があらかじめ指名する委員がその職務を代理する。

(会議)

第6条 委員会の会議(以下「会議」という。)は、委員長が必要に応じて招集し、議長となる。

2 会議は、委員の過半数が出席しなければ開くことができない。ただし、委員の過半数が次条の規定に該当するときは、この限りでない。

3 議長は、必要があると認めるときは、会議に委員以外の者の出席を求め、意見若しくは説明を聴き、又は資料の提出を求めることができる。

4 会議は、非公開とする。

(除斥)

第7条 委員は、直接の利害関係にある利活用提案事業の提案者に関する事案にあっては、その議事に加わることができない。

(庶務)

第8条 委員会の庶務は、総務部行革・施設管理課において処理する。

(その他)

第9条 この要綱に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日告示第94号)

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(令和2年3月31日告示第150号)

(施行期日)

1 この告示は、令和2年4月1日から施行する。

南砺市公共施設利活用提案事業選定委員会設置要綱

平成30年6月27日 告示第133号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第11節 地域振興
沿革情報
平成30年6月27日 告示第133号
令和2年3月31日 告示第94号
令和2年3月31日 告示第150号