○南砺市民間保育園等育成利子補給金交付要綱

平成30年9月20日

告示第160号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、南砺市民間保育園等育成利子補給金(以下「利子補給金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「民間保育園等」とは、児童福祉法(昭和22年法律第164号)第39条第1項に規定する保育所又は就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第2条第6項に規定する認定こども園であって、市内に所在するものを経営し、又は運営するもの(市を除く。)をいう。

(利子補給金の交付)

第3条 市長は、民間保育園等の育成を図るため、民間保育園等が独立行政法人福祉医療機構(以下「機構」という。)から融資を受けて施設を整備した場合に、当該民間保育園等(市税の滞納がないものに限る。)に対し予算の範囲内において利子補給金を交付するものとする。

(利子補給金の額)

第4条 利子補給金の額は、機構からの融資に係る利子に10分の8を乗じて得た額とする。

(利子補給金の交付申請)

第5条 利子補給金の交付を受けようとする民間保育園等(以下「申請者」という。)は、民間保育園等育成利子補給金交付申請書兼請求書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 融資実行を示す書類の写し(初回申請時のみ)

(2) 返済の計画を示す書類の写し(初回申請時のみ)

(3) 機構が発行する歴年ごとの利息支払証明書

(4) 市税の完納証明書

(利子補給金の交付決定)

第6条 市長は、前条の規定による申請を受理したときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、利子補給金の交付を決定し、民間保育園等育成利子補給金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、利子補給金の交付の目的を達成するために必要と認めるときは、利子補給金の交付に条件を付することができる。

(利子補給金の返還)

第7条 市長は、民間保育園等が、偽りその他不正の手段により利子補給金の交付を受けたときは、既に交付した利子補給金の全部又は一部を返還させることができる。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、利子補給金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。ただし、この告示の失効前に交付決定した民間保育園等に対するこの告示の規定の適用については、なお従前の例による。

附 則(令和2年3月31日告示第166号)

この告示は、公表の日から施行する。

画像

画像

南砺市民間保育園等育成利子補給金交付要綱

平成30年9月20日 告示第160号

(令和2年3月31日施行)