○井波彫刻まつり開催事業補助金交付要綱

令和2年3月31日

告示第118号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号)第20条の規定に基づき、井波彫刻まつり開催事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、木彫刻作品の展示他各種企画の実施による販路拡大及び産業振興を図るため、井波彫刻まつりを実施する井波彫刻まつり実行委員会(以下「実行委員会」という。)に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助対象事業)

第3条 補助金の交付の対象となる事業(以下「補助対象事業」という。)は、実行委員会が実施する事業で、次に掲げるものとする。

(1) 井波彫刻まつりを開催する事業(準備のための事業を含む。)

(2) 前号に掲げるもののほか、これに付帯する事業で、市長が木彫刻産業の振興発展を図るため適当と認めるもの

(補助対象経費)

第4条 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助対象事業に要する経費のうち、賃金、報償費、旅費、消耗品費、燃料費、印刷製本費、光熱水費、修繕料、役務費、委託料、使用料及び賃借料、工事請負費、原材料費並びに備品購入費で、市長が必要があると認めるものとする。

(補助金の額)

第5条 補助金の額は、補助対象経費の2分の1以内の額とする。

2 前項の補助金の額に1,000円未満の端数が生ずるときは、これを切り捨てる。

(補助金の交付申請)

第6条 実行委員会は、補助金の交付を受けようとするときは、井波彫刻まつり開催事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(補助金の交付決定)

第7条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、補助金の交付を決定し、井波彫刻まつり開催事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により実行委員会に通知するものとする。

(実績報告)

第8条 実行委員会は、補助対象事業が完了したときは、当該完了の日から起算して30日以内又は交付決定の日の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに、井波彫刻まつり開催事業実績報告書(様式第3号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業報告書

(2) 収支決算書

(補助金の額の確定)

第9条 市長は、前条の規定による実績報告があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、交付する補助金の額を確定し、井波彫刻まつり開催事業補助金確定通知書(様式第4号)により実行委員会に通知するものとする。

(補助金の請求)

第10条 補助金の請求は、井波彫刻まつり開催事業補助金請求書(様式第5号)による。

(補助金の返還)

第11条 市長は、実行委員会が偽りその他不正の手段により補助金の交付を受けたときは、実行委員会に対し補助金の全部又は一部の返還を命ずるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、令和2年4月1日から施行する。

(この告示の失効)

2 この告示は、令和5年3月31日限り、その効力を失う。ただし、この告示の失効前に交付決定したことに対するこの告示の規定の適用については、なお従前の例による。

附 則(令和3年4月1日告示第123号)

(施行期日)

1 この告示は、公表の日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の際現に存するこの告示による改正前の告示に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

画像

画像

画像

画像

画像

井波彫刻まつり開催事業補助金交付要綱

令和2年3月31日 告示第118号

(令和3年4月1日施行)