○南砺市スポーツ振興事業補助金交付要綱

令和3年9月17日

告示第185号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市補助金等交付規則(平成16年南砺市規則第36号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき、南砺市スポーツ振興事業補助金(以下「補助金」という。)の交付に関し必要な事項を定めるものとする。

(補助金の交付)

第2条 市長は、市におけるスポーツ振興に資するため、別表に定めるスポーツ振興事業(以下「補助対象事業」という。)を実施する者(以下「補助対象者」という。)に対し予算の範囲内において補助金を交付するものとする。

(補助対象経費)

第3条 補助金の交付の対象となる経費(以下「補助対象経費」という。)は、補助対象事業の実施に要する経費とする。

(補助金の額等)

第4条 補助金の額は、補助対象経費の2分の1以内の額とする。

2 前項の補助金の額に1,000円未満の端数が生ずるときは、これを切り捨てる。

3 補助金の交付は、同一年度につき1回限りとする。

(補助金の交付申請)

第5条 補助金の交付を受けようとする補助対象者(以下「申請者」という。)は、スポーツ振興事業補助金交付申請書(様式第1号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業計画書

(2) 収支予算書

(3) 前2号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(補助金の交付決定等)

第6条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、補助金の交付を決定し、スポーツ振興事業補助金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。

2 市長は、補助対象事業の円滑な遂行上必要があると認めるときは、補助金交付決定額の7割以内の額を概算払により交付することができる。

(変更申請等)

第7条 前条の規定により補助金交付決定の通知を受けた申請者(以下「交付決定者」という。)は、次の各号に掲げるいずれかの事項を変更しようとするとき、又は当該事業を中止し、若しくは廃止しようとするときは、スポーツ振興事業補助金変更(中止・廃止)承認申請書(様式第3号)に関係書類を添えて市長に提出し、その承認を受けなければならない。

(1) 補助対象経費総額の20パーセントを超える増減

(2) 補助対象経費の各費目における20パーセントを超える増減

(3) 補助対象事業の目的に特に影響を及ぼすと認められる変更

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める変更

(実績報告)

第8条 交付決定者は、補助対象事業が完了したときは、当該完了の日から起算して15日以内又は交付決定の日の属する年度の3月31日のいずれか早い日までに、スポーツ振興事業補助金実績報告書(様式第4号)に次に掲げる書類を添えて市長に提出しなければならない。

(1) 事業実績書

(2) 収支決算書

(3) 補助対象事業に係る記録写真

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める書類

(補助金の額の確定)

第9条 市長は、前条の規定による実績報告があったときは、その内容を審査し、適当と認めるときは、交付する補助金の額を確定し、スポーツ振興事業補助金確定通知書(様式第5号)により交付決定者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第10条 補助金の請求は、スポーツ振興事業補助金(概算払)請求書(様式第6号)による。

(補助金の返還)

第11条 市長は、偽りその他不正の手段により補助金の交付を受けた者があるときその他規則第16条に該当するときは、当該者に対し補助金の全部又は一部の返還を命ずるものとする。

(その他)

第12条 この要綱に定めるもののほか、補助金の交付に関し必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日等)

1 この告示は、公表の日から施行し、令和2年4月1日から適用する。

(令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間における経過措置)

2 令和3年4月1日から令和4年3月31日までの間における第4条の規定の適用については、同条中「2分の1」とあるのは「3分の2」とする。

(この告示の失効)

3 この告示は、令和8年3月31日限り、その効力を失う。

(令和5年3月24日告示第74号)

この告示は、公表の日から施行する。

別表(第2条関係)

補助対象事業

ザ・雪合戦なんと開催事業

西日本バイアスロン選手権大会開催事業

スポレクデーinなんと開催事業

画像

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市スポーツ振興事業補助金交付要綱

令和3年9月17日 告示第185号

(令和5年3月24日施行)