○練馬区ポイ捨ておよび落書行為の防止に関する条例

平成9年3月17日

条例第36号

(目的)

第1条 この条例は、ポイ捨ておよび落書行為の防止について必要な事項を定めることにより、地域の環境美化の促進を図り、もって区民の生活環境の向上に資することを目的とする。

(定義)

第2条 この条例において、つぎの各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) ポイ捨て 飲食料容器および紙くず等を持ち帰らず、これらを収納するための容器以外の場所に捨てることおよび犬のふんを持ち帰らず、放置することをいう。

(2) 飲食料容器 飲食料を収納し、または収納していた缶、びんその他の容器をいう。

(3) 紙くず等 紙くず、チューインガムのかみかすその他これらに類する飲食料容器以外の物をいう。

(4) 落書行為 道路、公園、学校その他の公共の場所(以下「公共の場所」という。)および他人が所有し、または管理する塀、建物その他の工作物に、みだりに文字、図形等を描く行為であって、地域の美観を損ねるものをいう。

(5) 事業者 練馬区の区域内(以下「区内」という。)で事業活動を行うすべての者をいう。

(6) 区民等 区内に居住し、もしくは滞在し、または区内を通過する者をいう。

(平21条例43・一部改正)

(禁止行為)

第3条 何人も、ポイ捨ておよび落書行為を行ってはならない。

(区長の責務)

第4条 区長は、この条例の目的を達成するため、事業者および区民等が行う環境美化活動への支援、意識の啓発その他の環境美化の促進に係る必要な施策の推進に努めなければならない。

(事業者の責務)

第5条 事業者は、事業所およびその周辺その他事業活動を行う地域において、清掃活動その他の環境美化活動に努めなければならない。

2 事業者のうち、飲食料その他の投棄されることによってごみの散乱の原因となるおそれのある物の製造、加工、販売等を行うものは、飲食料容器および紙くず等の散乱を防止するため、区民等に対する意識の啓発その他必要な措置を講じるよう努めなければならない。

3 事業者のうち、飲食料の自動販売機を設置し、または管理するもの(以下「自動販売業者」という。)は、回収容器を設置し、これを適正に管理しなければならない。

4 事業者は、この条例の目的を達成するため、練馬区(以下「区」という。)が実施する施策に協力しなければならない。

(平21条例43・一部改正)

(区民等の責務)

第6条 区民等は、つぎの各号に掲げる事項に努めなければならない。

(1) 自宅およびその周辺において清掃活動その他の環境美化活動を行うこと。

(2) 自動車を使用する場合は、車内に飲食料容器および紙くず等を収納するための容器等を備えること。

(3) 犬を散歩させるときは、ふんを持ち帰るための用具を携帯すること。

2 区民等は、この条例の目的を達成するため、区が実施する施策に協力しなければならない。

(平21条例43・一部改正)

(環境美化推進地区)

第7条 区長は、環境美化の促進を図るため、ポイ捨ておよび落書行為を特に防止する必要があると認める地域および区民等が積極的に環境美化活動に取り組んでいる地域について、環境美化推進地区を指定することができる。

(施策の重点実施)

第8条 区長は、環境美化推進地区において、ポイ捨ておよび落書行為の防止についての重点施策を実施するものとする。

(環境美化推進委員)

第9条 区長は、区民等のうちから環境美化推進委員を選任し、区内のポイ捨ておよび落書行為の防止に関する普及・啓発その他の事項を委嘱することができる。

(勧告)

第10条 区長は、第3条の規定に違反している者に対し、区内の環境美化の促進を図るため必要な限度において、飲食料容器の回収その他必要な措置を講ずるよう勧告することができる。

2 区長は、第5条第3項の規定に違反している自動販売業者に対し、回収容器を設置し、またはこれを適正に管理するよう勧告することができる。

(公表)

第11条 区長は、前条の規定による勧告を受けた者がその勧告に従わないときは、その旨を公表することができる。

(関係機関への要請)

第12条 区長は、公共の場所にポイ捨ておよび落書行為がなされていることにより区民の快適な生活環境が阻害されていると認めるときは、当該公共の場所の管理者に対し、飲食料容器、紙くず等および犬のふんの処理、落書の消去その他必要な措置を講じるよう要請することができる。

(平21条例43・一部改正)

(委任)

第13条 この条例の施行について必要な事項は、練馬区規則で定める。

この条例は、平成9年7月1日から施行する。

(平成21年10月条例第43号)

(施行期日)

1 この条例は、平成22年4月1日から施行する。

練馬区ポイ捨ておよび落書行為の防止に関する条例

平成9年3月17日 条例第36号

(平成22年4月1日施行)

体系情報
第2編 住民サービス・住民の権利義務・施設関係/第4章 環境部・都市整備部・土木部関係/第1節 環境保全
沿革情報
平成9年3月17日 条例第36号
平成21年10月19日 条例第43号