○西ノ島町役場防火管理規則

昭和44年11月17日

規則第20号

第1章 総則

(目的)

第1条 この規則は、火災を予防警戒及び防御し、人命及び財産を火災から保護するとともに、火災その他の災害を最少限に止めることを目的とする。

(諸規定への委任)

第2条 前条の目的達成のため防火管理について必要な事項は、この規則のほか別に定めるものとする。

(責務)

第3条 職員は、第1条の目的達成のため、この規則を誠実に守らなければならない。

2 防火管理者は、防火管理業務の最高責任者であり、職員に対し監督並びに指示を与え第1条の目的達成を図らなければならない。

第2章 予防

(火気使用の禁止制限)

第4条 火気は、別に定める場所、設備及び時間以外において使用してはならない。

2 臨時に火気を使用するときは、予め防火管理者の許可を得なければならない。

(喫煙)

第5条 倉庫、廊下等吸がら容器のない場所で喫煙してはならない。

2 前項の場所で喫煙している者があるときは、これを制止しなければならない。

(火元責任者)

第6条 各室の火元責任者は、各課長をもってこれに当て、副責任者は課長が定める。

2 火元責任者は、常に各室の職員を指揮し、火気の取締り可燃物の整理等各室の防火管理等各室の防火管理業務をつい行しなければならない。

3 副火元責任者は、火元責任者の不在のとき、その職務を代行しなければならない。

4 火元責任者の職、氏名は、各室の入口に掲示しなければならない。

(自主検査)

第7条 防火管理者は、火災予防上の自主検査を1カ月1回、建物及び消防用施設等全般にわたり行わなければならない。

第3章 警戒

(退室時の警戒)

第8条 終業後各室を退室するときは、最終退室者は室内を巡視し、火気の有無、電気使用の有無、その他防火管理上必要な事項について安全の確認をしなければならない。

2 当直者の警戒については、別に定める当直者服務規程によらなければならない。

(特別行事等の警戒)

第9条 平常業務以外の特別行事を行ったときは、その執行責任者は執務中特に警戒を厳重にするほか終了後防火管理者及び当直者に後仕末の状況等異状の有無を報告しなければならない。

(火災警報発令中の警戒)

第10条 火災警報発令中等の気象状況が悪いときは、その旨を職員に伝えるとともに、火気の使用にあたっては必要最少限に止め、警戒態勢の強化を図らなければならない。

(自主消防隊の組織)

第11条 自衛消防隊の組織を別に定める。

2 この組織は、原則的な組織編成であり、火災状況等によっては隊長の判断により臨機応変な編成がえを行い、防御の万全を期さなければならない。

3 終業後においては、隊長がかけつけるまで当直者が指揮をとらなければならない。

(火災発生時の部署及び処理)

第12条 火災発生時は、前条の任務に従いそれぞれ担当部署につき、防御活動を行わなければならない。

2 火災その他の災害を発見したときは、直ちに消防機関に通報するとともに、初期消火等臨機応変の処置を講じなければならない。

(火災以外の災害)

第13条 火災以外の災害発生の際は、前条の規定に準ずるものとする。

第4章 教育訓練

第14条 職員は、進んで防火に関し教育を受け、防火管理の完璧を期さなければならない。

2 防火管理者は、防火教育の機会を設け、常に職員の知識、技能の向上を図らなければならない。

(消防訓練)

第15条 消防訓練は、次の区分、回数により実施しなければならない。

(1) 各個訓練(通報)(消火)(避難) 年2回以上

(2) 総合訓練 年1回以上

第5章 その他

(消防機関との連絡)

第16条 防火管理者は、常に消防機関と連絡を密にし、より防火管理の適正を期するよう努めなければならない。

(連絡事項)

第17条 連絡事項は、次のとおりとする。

(1) 消防計画の提出(改正の際はその都度)

(2) 査察の要請

(3) 教育訓練指導の要請

(4) 建築物及び諸設備の改善等の事前連絡

(5) その他必要な事項

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年規則第14号)

この規則は、公布の日から施行する。

西ノ島町役場防火管理規則

昭和44年11月17日 規則第20号

(平成6年10月14日施行)